ハーゲンダッツ ジャパンは新たな基幹商品として、ハーゲンダッツ ミニカップクリスチップチョコレート」(税抜294円)の販売を、12月5日(火)から開始した。

【写真を見る】パリパリ食感のチョコレートチップがたっぷり!

季節ごとに、数々の期間限定商品を世に送り出しているハーゲンダッツ ジャパン。だが、最も大切にしているのは、年間を通して店頭に並ぶ定番商品だという。その代表格であるミニカップバニラ」は、1961年の創業以来、レシピを変えていないというのだから驚きだ。

今回、新たな定番商品を開発するにあたり、羽の矢が立ったのがチョコレートチョコレートフレーバーアイスクリーム人気が高く、日本アイスクリーム協会が行った調によると、好きなアイスクリームフレーバーランキングで、チョコレート1位バニラに次ぐ2位ランクインしている。

ハーゲンダッツ ジャパンアイスクリームを対にした調でも、同様の結果が出ているそうだ。

新商品の「クリスチップチョコレート」は、ベルギーミルクチョコレートを使用したなめらかなアイスクリームに、パリパリ食感のチョコレートチップを加えた一品。ハーゲンダッツ ジャパンの担当者は「飽きずに食べ続けたくなる仕掛けとして、チョコレートチップを入れました」と話す。

記者が試食してみたところ、たっぷり入ったチョコレートチップが口の中で軽快な音を立てて崩れ、想像以上に食感の楽しい仕上がりだった。

だが、単純にパリパリした食感のみを追求したわけではないそうで、「アイスクリームと同時、もしくはそれよりも前に溶けていく、口溶けの良いチョコレートチップを使用しています」とのこと。アイスクリームが溶けた後、チョコレートチップが口の中に残ることがないよう、しっかり計算して作られているのだ。

アイスクリーム自体は濃厚でありながらも、チョコレートチップのほろ苦さがアクセントを加え、後味がすっきりしているのも嬉しいポイント。優しい甘さのミルクチョコレートは、子どもから大人まで、幅広い層にされるおいしさだ。

さまざまな味わいと食感で楽しませてくれる、ハーゲンダッツ ミニカップの新スタンダードクリスチップチョコレート」。日々のご褒美タイムを、さらに豊かなものにしてくれそうだ。【ウォーカープラス編集部】(東京ウォーカー(全版)・かおる

2つの食感にこだわった、ハーゲンダッツ ミニカップ「クリスプチップチョコレート」(税抜294円)が定番商品に仲間入り