1月27日から全開される映画『祈りの幕が下りる時』の予告編開された。

同作は、阿部寛演じる刑事加賀恭一郎主人公にした、東野圭吾原作による『新参者シリーズ完結編。との確執やの失踪といった加賀にまつわる明らかになる内容となり、加賀と演出・浅居博美の出会いや、彼女の周りで起こる不可解な事件が描かれる。

今回開されたJUJUによる題歌入り予告編では、松嶋菜々子演じる浅居博美が加賀に呼びかける場面や、浅居の「人殺しなんですよ、私」「もし加賀さんの推理通りだったとしても、私は罪に問われますか?」といったセリフに加えて、山崎努演じる加賀と確執のあった正や、田中麗奈演じる正を看取った看護師金森登紀子、溝端淳平演じる加賀従兄弟刑事宮脩の姿などが確認できる。あわせて特報も開。

なお題歌“東京”を含むJUJUシングル東京』は1月24日リリースJUJU2012年開の前作『麒麟劇場版新参者~』の題歌も担当した。

『祈りの幕が下りる時』ポスタービジュアル ©2018映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会