トッテナムは、バレンシアフランスMFジョフレイ・コンドグビアに関心を示しているようだ。4日、イギリスメディアスカイスポーツ』が伝えている。

 トッテナムは、現在30歳のベルギー代表MFムサ・デンベレとの契約が、2019年6月までとなっており、その後の去就が不透明となっている。そこで、同クラブは、代役としてコンドグビア獲得に興味を示しているという。

 しかし、コンドグビアは今インテルからバレンシアレンタル移籍を果たしており、その契約には全移籍のオプションが付属されていることが明らかになっている。そして、バレンシアはすでにそのオプションを行使することを検討していることが伝えられており、獲得交渉は難しいものになることが予想されている。

 現在24歳のコンドグビアは、2015年7月インテル3000万ポンド(約45億円)で加入。2シーズンセリエAでは通算50試合に出場したものの、定位置を確保することはできなかった。それにより、今バレンシアレンタルで加入した。

 新地では、好パフォーマンスを披露しており、ここまで12試合に出場し、3ゴール1アシストを記録。現在2位チームを牽引している。

トッテナムが関心を寄せているコンドグビア [写真]=Getty Images