北朝鮮11月29日大陸間弾道ミサイルを発射したため、朝鮮半島の緊は再び高まった。複数の中国官製メディアは、中国は有事に備えているとし、戦争が起こりうる事態だとほのめかした。

  北朝鮮は今回の弾道ミサイルアメリカ全土をカバーすると宣伝している。中国特使の訪したが奏功せず、中国政府がついに北朝鮮に見切りをつけた可性が高じている。

 発射翌日の11月30日中国の英字新聞・チャイナディリーの社説は、朝鮮半島の情勢について「時間の猶予がない。現状は2つの選択肢しかない。戦争するか、北朝鮮核保有を容認するか」と戦争の可性を初めて示唆した。

 2日、共産党機関・人民日報下の環球時報の社説は、北朝鮮問題において中国政府が双方に義理を尽くしたとして、戦争リスクが高まり中国は難しい選択を迫られ、「最悪の情勢」に備えていると伝えた。

 11月30日中国外交部の定例記者会見で、報道官はこれらの社説についての見解をめられた際、「外交部は通常、メディア報道コメントしない」と答え、「対話による解決」という従来の政府を繰り返した。中国政治に詳しい識者は、一連の社説は中国政府のメッセージであると摘する。

 香港の英字サウスチャイナ・モーニング・ポスト(南報)1日の報道によると、中国当局は有事の際、北朝鮮中国人学生の緊急撤退に備えている。また、中地帯の警備にあたる北部軍区第78集団軍の一部は近日、実戦演習を実施した。

 米国筋の情報によると、今回のミサイル発射を受け、中軍部の代表はワシントンで会合し、「危機中の行動、誤断・誤解を避けるための対策」を議論した。

翻訳編集・清)

ミサイル発射を繰り返す北朝鮮。(Photo by South Korean Defense Ministry via Getty Images)