ピクサーアニメーションスタジオの新作『リメンバー・ミー』の日本エンディングテーマにシシドカフカfeat.東京スカパラダイスオーケストラが起用されることがわかった。

トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチが監督を務めた同作は、1年に1度だけ亡くなった家族たちに会えるという「死者の日」を題材にした作品。死者のを舞台に、音楽を禁じられた少年ミゲルと、ミゲルが出会うスケルトンのヘクターを巡る物語が描かれる。開は3月16日。『アナと雪の女王』の新作『アナと雪の女王/家族の思い出』と同時上映される。

シドカフカ東京スカパラダイスオーケストラは、作中でミゲルが憧れる歌手デラクルスが歌う楽曲で物語の鍵を握る“リメンバー・ミー”をアレンジ映画メキシコの「死者の日」にインスピレーションを受けていることから、メキシコまれのシドカフカと、中南でのツアーも行なっている東京スカパラダイスオーケストラが起用されたという。両者がコラボレーションをするのは今回が初めて。

タッグについて、シシドカフカは「一緒に楽曲アレンジメントできると聞いて、これは絶対に面くなる!と思いました。この作品との出会いも含めて運命的なチームだなと思いました。とにかくくみなさんに聞いていただきたいです」、加藤隆志東京スカパラダイスオーケストラ)は「この曲で出会えたのはすごく運命的!南スカパラかかわりもあるし、カフカちゃんの(メキシコ)生まれも」とそれぞれコメントしている。

英語版楽曲11曲と日本語版楽曲11曲を収録したサウンドトラックリメンバー・ミー オリジナルサウンドトラック』は3月14日リリースされる。

シシド・カフカfeat.東京スカパラダイスオーケストラ ©2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.