女優綾瀬はるか32歳)が12月5日、都内で開催された2017年コカ・コーラリボンボトルPRイベントに出席し、見事な達筆ぶりで感謝メッセージを贈った。

今回のキャンペーンテーマは「一年の感謝をこめて“リボンボトル”で“オドロキ”を贈ろう!」。イベントでは綾瀬が今年一年の感謝を伝えたい人の中から一人を選び、メッセージを贈ることになり、リボンボトルが印刷されたボードに綺麗な文字で「お母さん ありがとうハート)」と書き記した。

綾瀬を選んだ理由について「大変なときとか、いろいろと話を聞いてくれたり、頑れるベースを作ってくれて。いつも仕事が遅く終わっても、毎日『お帰り』『お疲れ様』とメールをくれたり、実家犬と猫がいるんですけど、写真を送ってくれたりして元気をもらっています」とし、の献身的なサポートが支えになっていることを明かした。

また、「お様にプレゼントを贈るとするならば何を贈りたいですか?」と問われると、「今は寒くなってきたので、モコモコしたくつ下とかストールとかあったかいアイテムがいいかな」とニッコリ。“理想のクリスマス”は大人数でいろいろと料理を持ち寄って食べたり、プレゼントを交換したりするスタイルであるそうだが、当日は仕事があるらしく、「もしく終わったり、余裕があれば、親しい友人たちと美味しいご飯を食べたりしたい」と淡い期待を寄せていた。

今年のコカ・コーラリボンボトルはアタリくじ付きに“進化”しており、ラベルのテープを引っって「アタリ」の文字が出たら、世界的に有名なパティシエ口博啓氏監修の「ハーフハーフケーキ」(5号サイズ)をもれなくプレゼントケーキは「じっくり焼き上げたやさしい甘さのバウムクーヘン」「3種のチョコを使ったチョコレートケーキ」「チーズ味が口に広がるしっとりチーズケーキ」の3種から2種(ハーフハーフ)を選ぶことになる。当選本数は合計100万本。