追加招集でアピールチャンスを手に入れたDF室屋成(FC東京)が、「とにかく自分のできることを全でやりたい」と生き残りへ抱負をった。

運動量や戦う部分は自分のストロンポイント監督めていることでもあるので、そこは勝負できると思っている」

 5日の練習では、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督からポジショニングやマークの受け渡しについて細かいレクチャーを受ける場面もあり、短期間でどこまで順応できるかが一つのポイントとなる。

チームFC東京)とめられていることが違うので、このチーム日本代表)のやり方に合わせていかなければいけない。少しずつでも吸収して、くこのチームの戦術を理解できるようにしたいです。そして、プレーできる機会があれば、自分の良さを出していきたい」

 一方、連係面については「普段は対戦しているので、長所は理解しているつもり」と急造チームではあるものの、“内組だけ”というメリットがある。「細かい部分を詰めていければ、いい関係が築ける」。指揮官めるものを体現しつつ、いかに自分の持ち味を発揮するか。代表初招集の室屋は「このチャンスをうまく生かしたい」と意気込んだ。

初招集の室屋(右)。練習中に指揮官から指示を受ける場面も