セブン&アイ専用商品」として発売が予告されていた、「ペヤングカレーやきそばプラス納豆」、納豆巻を買いに行った所、販売がちょうどされた所だったので実食チャレンジをしてみた。

この「ペヤングカレーやきそばプラス納豆ペヤングは「カレー納豆の相性は抜群! クセになるおいしさ!」と自信満々だそうだが、果たしてその実はいかなるものだろうか。

スペックを確認して
油揚げめん(小麦粉植物油脂、ラードしょうゆ、食、香辛料)、添付調味料(糖類、食、香辛料、植物油脂、デーツピューレ、オニオンキスポークキスチキンキス)、かやく(燥ひきわり納豆ポテトニンジン)、調味料アミノ酸等)、香料、カラメル色素、増剤(グァーガム、加工デンプン)、かんすい、化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、ビタミンB₂原材料の一部に大豆を含む)

これがスペックだ。ここでを引くのは「デーツピューレ」。デーツとは古くは砂漠の隊商の常備食になっていたとも言われる「生命のの実」としてしられる栄養に溢れた木の実。甘くて滋味があり、何とでも相性が良い。
そして、カレー好きには定番の隠し味の1つとしても知られている。中々のこだわりようである。これは期待せずにはいられない。


・開けてすぐ広がる水戸ワールド
なお、内容物は納豆、かやく、カレーソースとなっている、まずはかやくを麺の上にオンし、続いて納豆を開ける。ひ、ひ、広がるぅっ……。

燥している状態でもびっくりの納豆キックが鼻腔に襲いかかる。お湯を掛ける前から周囲には納豆アロマ拡散する。なんせ「ひきわり納豆」である。待機との接触面積普通納豆とはべ物にならない。

そして、お湯を注ぎ待つこと3分。お湯により本来の姿に戻りつつある納豆が本気を出し、周囲に水戸ワールドを醸成する。なお、ここで忘れてならないのはソースを蓋の上に置き、しっかりとソースを温めるということである。

これによって、せっかくの出来たての麺を、ソース冷やししてしまうこともないし、油部分も降った際によく混ざり、本来のポテンシャルを発揮する。

お湯はしっかり最後の1滴まで切ること
さて、ペヤングは様々な新商品を出す事で知られているが、皆さんに気をつけてほしいことがある。それはしっかりとお湯を切ることだ。

パッケージになってから、シンクに麺をぶちまけることはないのだから、最後の1滴までお湯を切り、しっかりとソースの実を発揮させるのが味のコラボペヤングをいただくということなのである。

・更に広がるスパイス世界
続いて璧な状態で出来上がった麺に、さっそくカレーソースをかけてみる。

ひ、ひ、広がるぅっ……。

ドライカレー味のしっかりとしたカレーの香りが周囲にスパイスワールドを醸成する。これを出来上がった麺やかやくとよく混ぜる。

・そして速実食
まず、香りであるが、しっかりとしたカレースパイスの香りに、おっかけで納豆の香りがサポート、決してバランスは悪くないが周りのが気になるほどアロマテロである。

納豆カレー、そしてそれらをよく温まった麺にまぜる。これらの行為でアロマがディフューズしないわけがないのである。

続いて速一口。まずカレーのしっかりとしたスパイス感に、デーツの甘さがコクを加え、そして食感は納豆のお陰でまろやかである。そして、ほっと一息を吐くと、納豆アロマが周囲に広がる。これによって拡散暴走した食欲を拡売マーケティングに使おうというわけか。なるほど

なお、較のために納豆巻きも併せて食べてみたが、合わなくはないが、特に一緒に食べる必要は感じなかったことを最後にお伝えさせて頂きたい。納豆アロマ拡散は、「ペヤングカレーやきそばプラス納豆」の方が上であった。

もっと詳しく読む: 魅惑のマリアージュ「ペヤングカレーやきそばプラス納豆」を納豆巻と一緒に実食してみた!(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/12/05/peyoung-curry/