民衆の敵(©ニュースサイトしらべぇ)

4日、篠原涼子9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)の第7話が放送された。

篠原涼子演じる主人公新米議・佐藤智子が市長となり、本格始動した今回。しかし、議会のドン崎(古田新太)の思惑に翻弄されて……?

■これまでの『民衆の敵』

『民衆の敵』は、団地に住む主婦佐藤智子(篠原涼子)がひょんなことから会議選挙に出することになり、当選して政治を変えるべく奮闘していくストーリー

第1話では選挙戦が、第2話では議員生活のスタート公園をめぐる止論争が、第3話では誘拐事件の裏に隠された貧困シングルマザー・地域のセーフティネットなどの題材が、第4話では「こども食堂」の開設をめぐるエピソードが、そして先週放送の第5話では市長の不正とその後が描かれた。

そして先週放送の第6話では、智子が市長選に打って出るまでが描かれることに。

《これまでに配信した『民衆の敵』記事一覧こちら

■犬崎にクーデターを起こす主人公

市長になった智子だったが、副市長前田(大澄賢也)、秘書富田渡辺いっけい)という人事を受け入れたことで、あおば議会はることに。

しかし、変わった経歴の持ちであり、育児などの福政策を進める智子の人気は高く、テレビ番組で密着されるほど。

だが、それをいいことに飼は前市長河原田(余美子)が中止したニューポート開発を再開しようと画策。智子の知らないうちに、反対運動を行っていた市民の強制排除に動いたのだ。これによって智子は追い込まれることに。

しかし、やられたままではいないのが智子流。緊急記者会見を行い、すべてのスタッフの解任を宣言。つまりクーデターを起こしたのだった。

■ワタナベさんが出ずロス多発

高橋演じるの裏の顔である通称「ワタナベさん」のセクシーシーンも見所だった本作。しかし、前回の放送でオキニのデリヘル嬢の莉子(今田美桜)に別れを告げ、正体もバレてしまったため、今回は登場せず終了した。

この展開に、ネット上では……

と、嘆きのが噴出している。

とはいえ、智子に触発されて次第に政治家としての自覚も芽生えつつある様子の堂。副市長就任を要請されたが、どうなるのだろうか。

《これまでに配信した『民衆の敵』記事一覧こちら

・合わせて読みたい→『民衆の敵』高橋一生演じる「ワタナベさん」が風俗嬢に身バレも…

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤 イラストミキシマ

『民衆の敵』高橋一生演じる「ワタナベさん」が登場せず…ロスに陥る人も