(C)まいじつ

日本文化への功績を称える『菊池寛賞』の授賞式が12月1日東京都内でおこなわれ、アニメ映画『この世界の片隅に』が受賞した。授賞式には同映画主人公声優を務めたのんが出席した。

【関連】 のんがCMを中心にメディア露出を増やしてきた背景 ほか

「のんは、2015年に所属芸事務所からの独立を宣言しましたが、いまだにトラブルは解決していません。だから首都圏テレビ番組では、トラブルに巻き込まれるのを敬遠して、出番のほとんどない状況が続いています。ただし、東北地方では活躍しており、次第に活躍の場を広げています」(芸ライター

トラブルがまだ解決に至っていない拠に、のんが独立を宣言した芸事務所ホームページには、いまだに写真と経歴が掲載されている。

「芸事務所はのんを提訴したと発表したのですが、一向に結果が伝わってきません。何となくトラブルが続いているという感じで、のんを起用してはいけないという芸界での雰囲気は徐々に薄れています」(同・ライター

 

のん「菊池寛賞」受賞で完全復活へ

のんに期待している人間は多い

今回の菊池寛賞はフィギュアケーターの浅田真央女優恵子も受賞し、のんもそろって記念撮影が行われた。

「取材が驚いたのはのんの顔の小ささです。浅田より全然小さかったとネットでも話題になったほどでした。奢な体付きは『あまちゃん』のころと変わっておらず、本格的な復帰を控えて、体維持に努めているのだと思います」(スポーツ記者

現在のんはCM仕事が多く、SNSの会社、ゲームメーカー岩手県を中心とした銀行JA広島自動車メーカーCMなどに出演している。いまだに好感度と人気が根強い拠だ。

「最近では歌手としてライブもしています。もともとのんは歌が好きで、バンドをやっていたこともあるのです。どんどんジャンルが広がってきて、そのうちテレビ番組も起用するでしょう」(同・記者

のんの全復活は、前のようだ。