こんにちは、ライター齋藤です。

今回はいろんな用途に使えて環境や身体に優しい「重曹」についてご紹介します。

小さい子どもがいる、手肌が荒れやすい、などの理由で刺の強い洗剤を使いたくないときに大活躍してくれること間違いなし!

重曹は、中あちこちのお掃除に使えるんですよ。

そもそも重曹とは?

重曹の正式な化学名は炭酸水ナトリウムといいます。

別名、ベーキングソーダ、重炭酸ナトリウムとも呼ばれていますね。

アメリカなどでは「ふくらし粉」としてお菓子づくりに昔からよく使われていたそうです。

重曹天然機物で弱アルカリ性という特徴から、低刺で人体にほとんどがない成分 として注されています。

安心・安全な重曹の選び方

販の洗剤にべて安心と言われている重曹ですが、選び方には気を付けたいポイントがあります。

重曹には用・食用・工業用と3種類あり、用が最も高品質で安全性が高く、食用は食品添加物として適量なら口に入れても大丈夫と認められているものです。

しかし工業用の重曹は掃除用として十分安全ではあるものの、口に入れることはできません。

庭のさまざまなところで使うためには、できる限り用か食用を選ぶ ことをおすすめします。

重曹でできること

重曹には7つの効果があります。

1、クレンザー(研磨)効果…磨くと傷つきやすいプラスチックの汚れも 優しく落とせます。

2、脂汚れを浮かせる(中和)効果…洗剤の前に食器や衣類へ振りかければ、汚れが落ちやすく なります。

3、消臭効果…冷蔵庫やなどケミカルな消臭剤を使いたくない場所には特におすすめです。

4、吸湿効果…クローゼットや押し入れのカビ予防 になります。

5、ふくらんで発泡する効果…細かい汚れを分解 します。また食用ならベーキングウダー代わりにもなります。
6、を軟らかくする効果…硬水軟水に 変えます。

7、消火効果…皿の中に入れたり、台所へ常備すれば万が一の火事にも安心です。

重曹を使えば節約にもなる

重曹を使うことで期待できる節約効果は、たくさん考えられます。

・多種多様な洗剤を買わずにすむ

重曹そのものが安いので経済

入浴剤の代りになる

重曹風呂で肌ケアができる

・好きなアロマを足して、消臭効果のある芳香剤が作れる

ドラッグストアやネット重曹をまとめ買いして中の掃除と消臭に活用すれば、これまで場所によって使い分けてきた洗剤や消臭剤が一気に不要 となるはずです。

さらに、アロマオイルを加えて入浴剤や芳香剤を作ったり、グリセリンと混ぜれば化粧落としに使えたりと美容にも活用できます。

掃除にも美容にも使える重曹は、節約効果が絶大 です!

重曹を使うときの注意点

とても便利な重曹ですが、いくつか注意点もあります。

・工業用は口に入れてはいけない

・熱を加えると手肌への刺が強くなる

・使用できない物(木、珠、アルミ天然石、クリスタル、漆など)がある

料理での入れすぎは塩分過多につながる

特に使用できない場所や物については、重曹中をお掃除する前にしっかり理解しておきましょう。

万が一、知らずに使ってしまうと変色や変質の恐れがあります。

また、工業用はもちろん用・食用であっても、子どもの手の届くところに放置しないでください。

多少めても大丈夫とはいえ、の一種なので子どもの年齢や体質・めた量によっては身体に悪影を及ぼすかも知れません。

重曹大人責任を持って管理してくださいね

参考書籍:
・「重曹お酢ですっきり暮らす」岩尾明子・監修(主婦の友社)
・「重曹 簡単ナチュラル暮らし」佐紀子・著

ライター齋藤
モデル/大上留依

汚れ落とし・消臭・美肌効果?意外と知らない重曹の秘密