ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
PCデポ光回線の解約手数料が21万円
・消費者センターに相談し、PCデポの経理と話し合った結果4万円に
過去にも似たような事例が多数

PCデポで違約金20万円

PC DEPOT(以下、PCデポ)』で光回線契約した人が解約しようとしたところ、高額な解約を請され話題になっている。

PCデポで取り扱っているozzioという光回線、それのさんねんMAXプラン契約した人が毎2万円近い請に耐えれなくなり途中で解約したいと申し出たところ、21万円の解約手数料が請された。

その後、その客は消費者相談センター電話。その消費者センターの担当がPCデポ坂戸店の店長と話し合うことになった。
店長の言い分としては「私の一存では値引きが判断できない」とのことで、経理部に電話つなぎそこの担当の者と客が今度は直接電話する事になった。

結局経理側の提案は貸し出した機器を全て返却するなら違約は4万3000円で、分割返済でも良いというもの。それで客は分割ならと承知したという。

最初の21万が高すぎるだけに4万3000円が安く思えてしまっているが、4万3000円という違約も十分に高い。どこから算出した値段なのか詳細を教えて貰えないままであるという。

・『PCデポ』は過去にも騒動が

PCデポ』は昨年も違約の騒動があり、ネット上で話題となった。2016年8月に高額高級サポートを結ばせ、解約に10万円を請していたことで問題となった。

その後も70代の男性が、PCデポの会員を解約した際に本来は解約料は無料と説明を受けていたのだが、請書を見ると解約料6万7500円の解約料が請されたという事態もあった。結局この男性は請額は払わなくて良くなったが、そのまま気付かずにいたら請されていたところであった。

解約手数料4万3000円に

請求内訳

ozzio光

領収書

解約

書類