2008年は育成も合わせて14人を

 最近10年を振り返ると、ロッテは年によって新人獲得の方針が変わるようだ。そのためか、ドラフトの当たり外れも年によって大きく変動する印が強い。この10年でクライマックスシリーズには4度出場、2010年には日本シリーズ優勝を果たしたが、今季は大きく低迷、球団史上ワーストとなるシーズン87敗を喫した。大砲不在のチームは、ドラフト1位高校通算65本塁打の履正社・安田尚憲内野手名。井口資仁監督の下、どんな選手に育つか楽しみだ。

※は2017年オフ時点での現役選手。

2008年
1位木村雄太 投 東京ガス・1勝6敗0S1H 防御率5.24
2位長野久義 外 Honda(入団拒否)
3位・上野大樹 投 東洋大学・11勝10敗0S2H 防御率3.64
4位・坪井 投 筑波大学(1軍出場なし)
5位・山本徹矢 投 神戸大学附属高・0勝0敗0S0H 防御率5.63
6位・香月良仁 投 熊本ゴールデンラークス・4勝3敗1S3H 防御率4.58独立L
1位木本幸広 投 日高中津分校(1軍出場なし)
2位江彬 投 信濃グランセローズ(1軍出場なし)
育3位・多 内 東海大学付属相模高(1軍出場なし)
育4位・生山裕人 内 香川オリーブガイナーズ(1軍出場なし)
育5位・西野勇士 投 新高・16勝18敗86S18H 防御率3.14※
育6位・岡田幸文 外 全足利クラブ855試570安0本119137盗 打率.255
育7位・吉田史 内 太田工業高(1軍出場なし)
育8位・田中崇博 投 八日南高(1軍出場なし)

 ロッテ2006年から育成選手を積極的に獲得してきた。この年は最大8人もの育成選手を獲得したが、その中から西野勇士岡田幸文と1軍で活躍する選手が出た。2位名した長野名を蹴って、のちに巨人に入団。育成3位の多は名救援投手男の子息だが、活躍できなかった。

2009年
1位荻野貴司 外 トヨタ自動車528試464安19本133153盗 打率.267
2位大谷智久 投 トヨタ自動車・16勝27敗0S79H 防御率3.54
3位・大嶺翔太 内 八重山商工高・186試69安7本35点1盗 打率.206
4位・清田育宏 外 NTT日本636試522安39226点33盗 打率.262
1位・山室志郎 投 青山学院大学・0勝0敗0S0H 防御率.000

 2009年は当たり年だった。俊足外野手荻野中継ぎで活躍する大谷、中軸を打つ清田選手が3人。大嶺2017年はキャリアハイ91試合に出場した。

2011年名の4選手は舞台は違えど全員現役

2010年
1位伊志嶺翔大 外 東海大学・430223安6本5758盗 打率.240
2位南昌輝 投 立正大学・9勝5敗0S30H 防御率3.45
3位・小林 投 七十七銀行・1勝5敗0S0H 防御率5.80
4位・小池大 捕 青山学院大学・1試0安0本0点0盗 打率.000
5位・江村直也 捕 大阪桐蔭高・15735安0本12点0盗 打率.171
6位・周平 投 南カリフォルニア大学(1軍出場なし)
1位黒沢翔太 投 西大学・0勝1敗0S0H 防御率4.44
2位山口 投 立花学園高(1軍出場なし)
育3位・石田也 投 NOMOベースボールクラブ(1軍出場なし)

 3選手が現役を続けているが、レギュラーになった選手はまだ出ていない。志嶺は好守の外野手だが、打撃が課題だ。

2011年
1位藤岡貴裕 投 東洋大学2130敗0S16H 防御率4.04※
2位中後悠平 投 近畿大学・2勝2敗0S6H 防御率5.68マイナー
3位・鈴木大地 内 東洋大学778試72031267点19盗 打率.272
4位・益田直也 投 関西大学17勝19敗58S111H 防御率3.11

 この年から育成選手名しなくなる。3位の鈴木は今やチームリーダー、4位の益田クローザーに成長した。中後は左のサイドスローという変則投手。今季はマイナーMLB昇格をした。

2012年
1位松永昂大 投 大阪ガス・12勝7敗1S81H 防御率2.96
2位川満寛弥 投 九州共立大学(1軍出場なし)
3位・田村龍弘 捕 学院高・436試246安7本117点13盗 打率.219
4位・加藤翔平 外 上武大学320223安9本6020盗 打率.251

 松永中継ぎ投手として手堅い活躍。田村ポジション争いに勝って正捕手になった。加藤は今季外野で98試合に出場している。

2013年
1位石川歩 投 東京ガス39勝36敗0S0H 防御率3.31
2位吉田裕太 捕 立正大学200試68安6本22点1盗 打率.190
3位・三木亮 内 上武大学21867安3本23点1盗 打率.218
4位・吉原 投 日本生命・1勝1敗0S0H 防御率9.64
5位・井上晴哉 内 日本生命・111試71安4本34点0盗 打率.223
6位・二木康太 投 鹿児島情報高・14勝18敗0S0H 防御率4.22
1位肘井竜蔵 捕 北条高・30試7安0本2点0盗 打率.159

 エース石川歩、2番手捕手吉田、好守の三木、2年連続7勝の二木と戦が育っている。井上は長打が魅補だ。

2014年
1位中村奨吾 内 早稲田大学304試19520本78点19盗 打率.236
2位田中 投 京都大学・0勝1敗0S0H 防御率13.50
3位・岩下 投 稜高(1軍出場なし)※
4位・寺嶋寛大 捕 創価大学(1軍出場なし)※今季戦
5位・香月一也 内 大阪桐蔭高・21試9安0本2点0盗 打率.191
6位・宮崎次 投 広島際学院大学・0勝0敗0S0H 防御率6.30
7位・本直人 外 高崎健康福祉大学高崎高(1軍出場なし)※今季戦

 来季、中村には正二塁手への期待がかかる。2位田中京大卒初のプロ選手として期待が掛かったが、故障もあって今年戦外となり、現役を引退した。

野手よりも投手に即戦が多い近年

2015年
1位平沢大河 内 仙台育英学園高・7328安1本6点1盗 打率.169※
2位関谷亮太 投 JR東日本・7勝10敗0S1H 防御率4.94
3位・成田翔 投 秋田商業高・0勝2敗0S1H 防御率4.38※
4位・東條 投 JR東日本・0勝0敗0S2H 防御率8.16※
5位・原嵩 投 専修大学松戸高(1軍出場なし)※
6位・信史 投 宮崎梅田学園(1軍出場なし)※今季戦
7位・高野 投 JR西日本・1勝0敗0S2H 防御率8.31
1位大木将 内 香川オリーブガイナーズ・9試2安0本0点1盗 打率.154
2位柿沼友哉 捕 日本大学際関係学部・8試0安0本1点0盗 打率.000※

 甲子園で活躍した平沢は今季50試合に出場したが、課題は打撃だ。6位の信自動車教習所からプロ入りして話題となったが、くも戦外になった。

2016年
1位佐々木千隼 投 大学・4勝7敗0S0H 防御率4.22
2位居知史 投 大阪ガス・5勝1敗0S1H 防御率3.13※
3位・孝明 投 東海大学付属市原望洋高(1軍出場なし)※
4位・土肥也 投 大阪ガス・0勝1敗0S2H 防御率9.31
5位・有吉優樹 投 九州三菱自動車・2勝5敗1S16H 防御率2.87
6位・種市篤暉 投 八戸工業大学第一高(1軍出場なし)※
7位・宗接人 捕 亜細亜大学(1軍出場なし)※
1位・安江嘉純 投 石川ミリオンスターズ(1軍出場なし)※
2位菅原祥太 外 日本ウェルネススポーツ大学(1軍出場なし)※今季戦

 大のエースだった佐々木は後半戦に実を発揮。2位居は中継ぎスタートしたが、8月から先発に転向して5勝を挙げた。5位の有吉も救援で実績を上げる。

2017年
1位安田尚憲 内 履正社高
2位藤岡裕大 内 トヨタ自動車
3位・山本 投 三菱自動車岡崎
4位・菅野剛士 外 日立製作所
5位・渡邉啓太 投 NTT日本
6位・永野 投 Honda
1位和田康士朗 外 富山GRNサンダーバーズ
2位大朗 投 都商業高

 少し前までロッテベテラン野手が多かった。井口引退し、監督就任した後は福だけになったが、彼らの後を埋めるべき若手野手が育っていないために野手が弱体化している。特に2014、2015年に入団した選手の伸び悩みが立つ。大砲として期待される2017年1位安田2位藤岡は、今後どこまで活躍するだろうか。(広尾 / Koh Hiroo)

2013年ロッテのドラフト1位・石川歩【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】