TravelmateRobotics社は、クラウドファンディングサービス『indiegogo』で76万ドルを集めた自走式スーツケース『Travelmate』の2018年の正式リリースを発表。12月4日日本国内向けの販売について発表会を開催しました。

『Travelmate』は、内蔵モーターにより、専用アプリインストールしたスマートフォンを持つユーザーを追尾して自走する機を持つスーツケース。このほか、スマートフォンと連動したロックの施錠・開錠、重量のチェックUSBポートからの充電、GPSタグによる位置の確認、LEDによるカラーカスタマイズやバッテリー残量の確認など多な機を搭載します。

最大時速9kmで、最長4時間の走行が可。内蔵カメラで段差や障物を認識、避けて走行できるとのこと。

内ではイーコネクトが販売。2018年2月に先行予約受付を開始し、4月に発売を予定しています。価格はSサイズ55×20×40cm)が12万6000円(税別)、Mサイズ(69×29×49cm)が14万9000円、Lサイズ75×31×52cm)が176000円(税別)を予定。

発表会ではタッチトライや製品の撮影時間が用意されていなかったので、構造や機構など詳細は不明。プレゼン中に一、走行したデモ動画で撮影しています。

自走式スーツケース『Travelmate』(YouTube
https://youtu.be/zzKMlB7X07E

Travelmate スーツケース|正規販売代理店
https://travelmaterobotics.jp/

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』