西平原作による映画DESTINY 鎌倉ものがたり」が、12月9日より全開される。本日12月5日発売のまんがタウン2018年1月号(双葉社)には、映画開を記念したファンブックが別冊付録として用意された。

【大きな画像をもっと見る】

このファンブックでは私屋カヲル小池マヤ、王環ら映画を“一足お先に見てきた漫画家”たちが、その見どころをマンガ形式で紹介。また単行本18巻に収められている、あるの日の奇跡を描いたエピソード祭り」が特別収録された。まんがタウン本誌にも、「開直前大特集」と題した特集ページが掲載されている。

なお次号では東屋めめ「小さん、ずれてない?」、瀬田ヒナコ「喪女勇者と暮らしたら」という2本の新連載がスタート。また「私のメシの流儀」という替りのコミックエッセ企画も始動する。

映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」ファンブック参加作家

私屋カヲル小池マヤ、王環、OYSTER、おりはらさちこタツ、尾、おぎじゅんこ、小鳥
※OYSTERは「O」の上にウムラウトが正式表記

「映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』ファンブック」より、私屋カヲルのレビュー。