近藤高梨、有原はアップ新垣中島ダウン

 日本ハムは5日、札幌の球団事務所で7選手と来季の契約を更した。今季39盗塁で2度盗塁王き、ベストナインゴールデンラブ賞も受賞した西川遥輝外野手6200万円アップの1億6200万円でサインの怪で離脱しながら57試合に出場し、打率4割えを果たした近藤健介捕手1300万円アップ5600万円で更した。また、巨人から移籍1年大田泰示外野手は倍増以上の4320万円、今季は怪に泣かされた中島卓也内野手1400万円ダウンの8600万円で更した。年俸、今季成績、来季の標は次の通り(額は推定)。

高梨裕稔投手3000万円→3670万円)
22試合7勝7敗、防御率3.68
「数字は何勝とか決めたくないです。できれば、投げる試合は全部勝ちたいという思いで投げているので。1年間1軍のローテションで回るというのを標にやっていきたいですし、そこが達成できれば勝ちもついてくると思います」

有原航平投手6000万円→7000万円)
25試合10勝13敗、防御率4.74
「納得のいく数字が1つもなかったので、イニングも勝ちも。1つでも増やせるようにしたいです。来年は190イニングは投げたいと思っています。最多勝のタイトルに絡めるように頑りたいです」

新垣勇人投手850万円→820万円)
1試合0勝0敗、防御率0.00
「今年は中継ぎ先発どちらもやったので、ここは足りないと言われたところで、どんなところでもやっていこうと思っています。1軍に定着して、チームの優勝に貢献することが標です」

近藤健介捕手(4300万円5600万円)
57試合167打数69安打3本塁打29打点3盗塁打率.413
チーム日本一は大前提の中で、しっかりと1年間仕事できるように体を作って、首位打者はしてやっていきたいなと思います」

中島卓也内野手(1億円→8600万円)
91試合283打数59安打1本塁打13打点11盗塁打率.208
「とにかく1年間フルに出ることが標です。1年間出れば、自ずと数字はついてくると思うので、まずは1年間けがをしないこと。あとは波を小さくしていけばと思います」

西川遥輝外野手(1億円→1億6200万円)
138試合541打数160安打9本塁打44打点39盗塁打率.296
「毎年キャリアハイをできるようにやっているつもりなので、全て昨年と今年を上回れるようにしていけたらなと思います」

大田泰示外野手2100万円→4320万円)
118試合427打数110安打15本塁打46打点5盗塁打率.258
ホームラン20本以上、25本打てるようにやっていきたいですし。まず来シーズンは全試合出場することを前提に頑っていきたいと思います」(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

契約更改に臨んだ日本ハム・有原航平【写真:石川加奈子】