(bee32/iStock/Thinkstock)

日本では、落とした財布が善意の第三者によって拾われ、中身を一切盗られずに、警察や紛失した場所の管理者に届けられることが多々ある。

当然、財布を届けられた側は遺失物として管理。落としを待って、現れた場合は本人に返す。

海外でこのようなことは「ほぼ皆無」といわれ、これが日本の「治安の良さ」や「民性」を徴するエピソード考える人も多い。

そんな治安の良い日本を脅かすような事件が、愛知県で発生した。

■男性車掌が届けられた財布を着服

事件を起こしたのは、名鉄名古屋鉄道)に勤める20代男性。今年8月電車内で乗客から現1万円とICカードが入った落とし物の財布を受け取ったが、管理者に届けることなく着する。

さらにこのは、財布に入っていたICカード愛知県犬山市内のコンビニで使用。全に私物化し、何食わぬ顔で日々の職務にあたっていた。

本人としては「バレることはない」と考えていたのかもしれないが、かなり大胆な行動だ。

■ICカードの使用履歴から犯人特定

財布を落とした男性が遺失物届を提出し、警察が捜を開始。ICカードに、覚えのないコンビニでの購入履歴があることが判明する。

そこからの関与が判明。本人は着したことを認め、「ブランド物の財布だったので興味を惹かれた」などと話しているという。

名鉄は今後「男性を厳正に処分する」とコメント現在は自宅謹慎中とのことで、今後なんらかの処分が下されるものと思われる。

■ネット民から怒りの声

落とした財布を届けられたが、それを着するという衝撃の事件に、ネット民からは怒りのが。

「こういう事件って、発覚していないだけで多いのでは」

「即日懲解雇すべき」

ICカード気な顔で使う神経理解できない。余罪もありそう」

「拾った人間の善意を踏みにじるなんて許せない」

日本も第三者を信用してはいけないになったのか…」

■財布を失くしたことがある人は…

届けられた財布をが着するのはかなりのレアケースだが、同じようなことが発生しないとは限らない。財布を落とさないように気をつけるしか、対策はないのだろうか。

ちなみにしらべぇ編集部が、全2060代の男女1,336名を対に「財布を失くしたことがある」人の割合を調したところ、50男性は47.8%が「失くしたことがある」と回答している。

(©ニュースサイトしらべぇ)

全体的に男性の割合が高い。ポケットに入れて持ち運ぶ人が多いだけに、知らず知らずのうちに落としてしまうのかも。

とくに、これからは忘年会などでお酒を飲む機会が多い。記憶や行動があいまいになるだけに、万が一といったことがないよう、財布など重品の管理はしっかりとしておきたい。

・合わせて読みたい→自分の家なのに空き巣みたいに?鍵を失くすと出費のダメージも

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2017年4月21日2017年4月24日
:全20代60代の男女1336名(有効回答数)

車掌が乗客から届けられた財布を着服 ありえない行動に怒りの声