社会人生活では学生時代とは違って、人前で行動することも多く、なにかと緊する場面も多いです。その中でも、一番緊したことにはどんなことがあるのでしょうか? 今回は、社会人のみなさんに社会人生活で一番緊した間について聞いてみました。



社会人生活で一番緊した間と言えば、どんなときですか?

「言葉遣い」「挨拶」先輩社会人に聞いた、新人時代ビビって過剰に気をつけていたこと

1位「入社初日の自己紹介」18人(6.0%
2位「新入社員のころの電話対応」17人(5.7%
第3位「お客様からクレームを受けたとき」15人(5.0%
第3位「社内でのプレゼン・発表」15人(5.0%
第5位「責任の重い仕事を担当したとき」14人(4.7%

1位「入社初日の自己紹介

・あがり症だから緊した(男性34歳/運輸・倉庫)
・なにしていても緊しっぱなしだったから(男性30歳/情報IT
・とても緊してが少し震えた(男性35歳/学校教育関連)
・大勢の前だから(男性34歳/食品・飲料)

2位「新入社員のころの電話対応」

電話は顔が見えないので緊する(女性28歳/商社・卸)
・聞き取りの難しさ(女性/29歳/ホテル旅行アミューズメント)
電話の相手に失礼にならないか不安だったから(男性28歳/運輸・倉庫)
・どんな電話が来るかわからないから(男性34歳/団体・法人・官庁)

第3位「お客様からクレームを受けたとき」

・自分自身の対応がまずいと更に悪化してしまうため、プレッシャーがひどかった(男性35歳/食品・飲料)
電話越しで叱られたとき言い返せなくて泣いてしまった(女性/33歳/人材派遣・人材紹介)
・どのような人がでてくるかわからなかったから(女性/27歳/運輸・倉庫)
クレームほど冷や汗物のものはない。社会人としての責任を実感した(女性34歳/その他)

第3位「社内でのプレゼン・発表」

100人近く聴衆がいる中で発表を担当したため(女性/24歳/情報IT
・人前に立つのが苦手だから(女性30歳/情報IT
・どういう摘がされるか不安(女性/26歳/建設・土木)
・体が震えて大変だった(女性25歳/その他)

第5位「責任の重い仕事を担当したとき」

プレッシャーがかかり、緊した(男性/29歳/マスコミ広告
・自分に璧にこなせるか不安になってしまって緊してしまったから(男性31歳/電ガス・石油)
・対応が分からず、焦った(男性30歳/医療・福
・相手とのコミュニケーションが難しかった(男性35歳/その他)

さまざまな意見がみられましたが、入社したばかりのころの自己紹介電話対応などに緊したという人が多かったです。

社会人になると責任が生じるので緊する場面も多いです。しかし、先輩たちが入社間もないことを一番緊しているというように、最初を乗り越えることが大事です。これから社会に出るみなさんは緊することもあるでしょうが、頑りましょう!

文・学生口編集部

マイナビ学生口調べ
調期間:2017年9月
調人数:社会人男女299人