試合中の帰阪命令から奮起、プロ完封勝利を飾った今季

 11月30日オリックス公式サイト山崎投手背番号が「17」から「0」に変更になることが発表された。増井チームに新加入する影を受けた形だが、山崎福は「しい番号なので(自分で)選びました」「背番号の横に1をつけられるぐらい、勝てるようにしたい」と、明るく来季への展望をった。

 山崎福と言えば、188センチ長身を生かして、ドロンと大きく落ちるカーブを武器とする左腕だ。球団関係者から「(ファンサービスを)やんわり断る術を身につけてほしい」と注意されるほどのサービスと甘いマスクを兼ね備え、女性ファンの支持を集めている。

 実巨人日本ハムプレーした元プロ野球選手甲子園出場経験があり、まさに野球一家で育った。山崎福もいうちから才を開させ、名門・日大三高に進学。しかし、その前年に受けた全身検で、約4センチ腫瘍が見つかる。「小児延髄上衣腫」。生存率は10パーセントプロ野球選手を志している15歳少年には、あまりにも過酷な現実だった。だが、6時間に及ぶ手術に耐えて、2008年、腫瘍の全摘出に成功する。

 その後は医師が驚くほどのスピードで回復し、日大三高から明治大学野球エリート街道を突き進んだ。2014年ドラフトオリックスから1位名を受けると、1年から開幕1軍入りを果たし、6月5日中日戦でプロ初勝利。初打席初安打も記録して、奇しくも当時監督代行だった福良監督公式戦初勝利を届けた。

 3年の今季は、開幕から中継ぎとして起用された。5月20日北海道日本ハム戦で今季初先発を務めたものの、4回5失点(自責3)。同26日の千葉ロッテ戦でも3回途中4失点と結果を残せず。降後は試合中にも関わらず1人大阪に帰ることを命じられ、そのまま約1か間のファーム調整に入った。

チーム27年ぶりの背番号「0」投手「心機一転、プロ野球歴史に名前を刻みます!」

 山崎福が1軍のマウンドに戻ってきたのは、7月10日京セラドーム大阪で行われた北海道日本ハム戦。先発を任され、初回こそ制球に苦しむものの、2回から立ち直った。相手打線に付け入る隙を与えず志願して最後までマウンドを守り抜くと、打線の援護にも恵まれ、被安打7、与四球1、奪三振8でプロ投・完封勝利を決める。

 まだまだ若手とはいえ、アマチュア時代のかしい実績により、「即戦」「左のエース」として期待を寄せられていた。プロ入りしてからの2年間はその大きな期待に応えられたとは言えず、本人にとっても苦しい日々だったと思われる。しかし、この日の完封勝利は、25歳の大器の片鱗を見せ付ける価値ある1勝となったはずだ。

 増井背番号17」を譲り、来季は「0」を背負うことになる。オリックス投手が「0」をつけるのは、1991年川畑泰博氏以来27年ぶりだ。山崎福はそれについて「そんなに落ち込んでいるとかはありません。心機一転、プロ野球歴史に名前を刻みます!」と前向きに笑った。特に、先発に右腕が多いオリックス。左腕の山崎福がシーズンを通してポテンシャルを発揮することができれば、大きな戦となることは間違いないだろう。

 今年9月阪神横田腫瘍を患っていたことが判明。山崎福は「横田選手とは偶然、で会って話をしたことがあって、本当に良い子だなと思った。なんであの子がこんなに遭わなければいけないのか」と自身の体験と重ね合わせ、「いつか交流戦日本シリーズで戦いたい」とエールを送った。

 人の苦しみに寄り添える心と「ポワーンとしている」「天然」と言われるされる人柄。プロ野球選手仕事が「野球をすること」「野球をすることで勇気や感動を与えること」であるならば、大病を乗り越え、マウンドで躍動する山崎福の姿が、それを見ている人の胸にもたらすものは多いはずだ。3年間の経験とこの背番号変更が、山崎福の飛躍の材料となることを願っている。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供パ・リーグ インサイト

オリックス・山崎福也【写真:編集部】