2018年4月6日より、ドウェイン・ジョンソン演による『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』がTOHOシネマズほかにて全ロードショー開されることが決定。さっそくその最新予告編が解禁となった!


【画像1点】「『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の最新映像が公開! テレビゲームの世界に入り込んでしまった4人の運命は?」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 『ジュマンジ』……と聞いて、「ああ、あのタイトル!」と、ピンと来る方も多いかと思うが、オリジナルの『ジュマンジ』自体は、1996年ロビンウィリアムズ演で開されたSFXアドベンチャー作品。ボードゲームゲーム盤での出来事が現実となってしまうという、“ジュマンジ”を巡ってくり広げられる奇想外なストーリーが好評を博し、当時大ヒットを記録した1作だ。そんな『ジュマンジ』が、このたび『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』として、生まれ変わったのだ。

 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』のストーリーはというと、学校の地下室で居残りをさせられていた高校生4人が、“ジュマンジ”という名前のソフトが入った古いテレビゲーム機を偶然にも発見。プレイするキャラクターを選択した途端に、なぜかゲームの中に吸い込まれて、それぞれのキャラクターの体=アバターとなってゲームの中の世界であるジャングルに入り込んでしまうという、ゲームファンならわくわくせずにはいられない内容。

 ゲームの中の世界では、現実世界の自分とは体格も性別までも違うキャラクターに入れ替わってしまっており、たとえば気弱なゲームオタク男子は、ムキムキつるつるマッチョで勇敢な冒険ドウェイン・ジョンソン)に、セルフィー大好きな金髪美人は、ヒゲもじゃぽっちゃりオヤジジャックブラック)になってしまうという有様。現実世界に帰りたければ、各自のスキルゲームステージクリアーするしか生き残るしかはないのだ。

 しかも、彼らの腕には3本の線が刻まれており、これは“ライフ”を意味する。もしも3回倒されてしまったらゲームオーバー(!)となり、ゲームの中からでることができないという、まさにゲームらしい設定。ジャングルらしく、巨大なゾウ、獰猛なヘビ、何でも噛み砕いてしまうワニサイの大群などが襲いかかってくるというから恐ろしい。

 ただし! 4人はそれぞれゲームアバター特有のスキルを持っており、ものすごいパワーを秘めている模様。さらに、これもゲームらしくスペシャルスキルも用意されているようで……。

 今回到着した予告編では、ゲーム世界に突如入り込んでしまった4人の高校生たちが、現実世界での自分とはまったく違う姿になって、予測不ゲームにチャレンジしながら、危険なジャングルサババルをくり広げる姿が描かれている。


 監督を担当するのは、『バッド・ティーチャー』(11)のジェイク・カスダン。出演は、“ロック様”こと、ドウェイン・ジョンソンジャックブラックのほか、『リベンジマッチ』(14)のケヴィンハート、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーシリーズでネビュラ役を演じたカレンギランといった、個性的なキャストが集結している。

 というわけで、ゲーム世界を再現した『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』に注されたし。