カージナルス地元マイコラス獲得を評価「絶対に不可欠」

 今季まで巨人に所属したマイルズ・マイコラス投手カージナルス契約合意に至ったことが発表された。複数メディアは2年総額1550万ドル(約175000万円)の契約となるとレポート。同球団の地元セントルイスポストディスパッチ」電子版は「カージナルススタントンの加入を待つ間に重要な要素を加えた」と伝え、29歳右腕の獲得の重要性を特集した。

 パドレスレンジャーズメジャーのマウンドに上がったマイコラスは2015年巨人に加入すると21登板で13勝(3敗)を記録。2年2016年は怪もあって14試合の登板にとどまったものの、今季は27試合登板で14勝(8敗)をマークし、3年間の通算防御率でも2.18と好成績を収めた。

 その後、自由契約となった右腕にはメジャーの複数球団が興味を示していたが、5日(日本時間6日)にカージナルスとの契約で合意したとメディアが一斉に報道。当初、記者の間では2年総額800万ドル(約9億円)程度の契約となるとの予想も出ていたが、それを大きく上回る1550万ドルの契約での合意となった。

 MLB公式サイトカージナルス担当を務めるジェニファー・ランゴシュ記者は自身のツイッターマイク・ガーシュGMが「彼(マイコラス)はスプリントレーニングに向け々のローテーションに厚みをもたらしてくれる。そこで彼は5つある先発投手の1つを争うことになる」とったと伝えた。

 また、カージナルスの「セントルイスポストディスパッチマイコラス獲得を「重要な要素」と報道。今季先発ローテが不安定だったことに触れ、「マイコラスとの契約によってカージナルスのローテーションは強化される」とレポートし、アレックスレイエスら若手投手にも成長する時間がもたらされると分析した。また、同球団はマーリンズジャンカルロ・スタントンの獲得に乗り出している最中であり、「これはカージナルスファンが待ち望んだ最大の贈り物ではない」としつつも、「絶対に不可欠なものだ」とマイコラス獲得の重要性を伝えている。

 2012年からメジャー通算3シーズン37試合に登板先発10試合)し、4勝6敗、1ホールド、防御率5.32の成績だったマイコラス。日本での飛躍を経てメジャーの舞台でくことができるか。来季の活躍が注される。(Full-Count編集部)

カージナルスへの移籍が決まったマイルズ・マイコラス【写真:Getty Images】