音楽映像ソフトランキング発表などを手掛けるオリコン株式会社12月5日、恵寿ガーデンルームにて「ORICON クイーン・アワード2017」を発表。お笑いタレントのブルゾンちえみが授賞式に出席した。

【写真を見る】ブルゾンちえみは背中がぱっくり割れたセクシードレスを披露!

女性クイーン(女王)のように称え、トランプクイーンを表す「12」が並ぶ12月12日の「クイーン・デー」に先立ち、オリコンモニターリサーチによる調の中から、女性フォーカスした12部門のランキング1位になった女性名人を“クイーン”に選定する「ORICON クイーン・アワード2017」。

授賞式では、「2017 ブレイク芸人ランキング」(女性部門)で1位を獲得したブルゾンちえみが登場。背中が大胆に開いたいセクシードレスを着用、妖艶な雰囲気で「背中はキレイなんです」と自身の魅アピールした。

昨年「ORICON クイーン・アワード2016 インテリジェンスクイーン」にいた菊が、オリコン株式会社 代表取締役社長小池 恒(こう)氏と共にプレゼンターとして登壇。ブルゾンの大ファンだという菊は、「去年、クイーンに選ばれて、今年こうしてブルゾンさんに会える機会が得られて本当によかった」と喜びをった。

受賞の挨拶でブルゾンは「2017年にたくさん皆さんの前に登場できたのは、それだけ機会を与えてくださった方々のおかげだと思います。それがなければ、今こうしてこのような賞をいただけることはなかったと思います」と感謝の気持ちを述べると、「2018年はいただいたものを10倍、100倍、“35億”倍にして返していけるように頑りたいと思います」とお染みのフレーズを交えながら、今後の抱負をった。

また「with B」ことブリリアンの2人も授賞式に駆けつけ、記念のネタを披露。「たちからしたら“クイーン”というより“キング”のイメージがある」(コージ)、「失敗した時にはお叱りをいただくが、そこにはがある」(ダイキ)とコメントを寄せた。これにはブルゾンも「2017年いろいろあったんですけど、彼らの中では怒られたことが一番記憶に残っているんだということが伝わりました」と苦笑いを浮かべた。

さらに「ブルゾンさんは本当に努です。ドリョ“クイーン”です」と続けるコージに対して、「ネタでやめておけばよかったね」と半ば呆れ顔で締めくくった。

発表された「ORICON クイーン・アワード2017」では、その他にも

「第11回 女性が選ぶ“なりたい顔”ランキング」…新垣結衣

「第2回 女性が選ぶ理想の“大人女子ランキング」…石田ゆり

「第2回 好きな“ママタレントランキング」…小倉優子

2017 ブレイクアーティストランキング」(女性部門)…Queen

「“インスタクイーンランキング」…渡辺直美

など、そうそうたる女性名人が名を連ねた。

10~50代の男女を対に実施したアンケート調が元となっているだけに、それぞれ女性のみならず、男性からも支持を得ている面々。来年の活躍も楽しみである。【ウォーカープラス編集部】(東京ウォーカー(全版)・安藤康之)

「2017 ブレイク芸人ランキング」(女性部門)で1位に輝いたブルゾンちえみ