昨今、世界的なカクテルブームが巻き起こっているのをご存知でしょうか? ボタニカルカクテルウイスキーカクテルの流行、そしてカリスマ的なトップバーテンダーの人気も相まって、近年、カクテルバー人気が再燃しているのです。

 とりわけ、バーで注されているのがスーパープレミアムバーボンバーボンウイスキーの中でも6~10年以上かけて熟成させて造られるものをします。生産量も少なく、希少価値の高いバーボンです。中でもアメリカケンタッキー州生まれの「ウッドフォードリザーブ」は、世界トップバーテンダーが注するプレミアムバーボンフルーティーな香りとマイルドな味わいが特徴で、ロックストレートはもちろん、カクテルベースとしても人気です。

世界BEST BAR 50選」の調によると、2014年以降、“世界でもっとも売れているクラシックカクテル50選”で4年連続No.1のカクテルオールドファッションド」のベースとしてもっとも使用されているのがウッドフォードリザーブなのだそうです。

 そのウッドフォードリザーブをベースとしたカクテルが楽しめるイベントが、某日、ハーブを使ったボタニカルカクテル人気の『BAR TRIAD』(東京・恵寿)で催された。この日は世界トップバーテンダーのひとり、トムバーノン氏が自ら腕を振るってくれるスペシャルデー。

洗練されたウイスキーカクテルを振る舞ってくれたトム・バーノン氏
洗練されたウイスキーカクテルを振る舞ってくれたトムバーノン氏

 この日は「リ・ファッションド」「ロンドンバック」「ブールバールブラン」「ケンタッキーダービーミントジュレップ」という4種のカクテルをいただくことができました。速、ウッドフォードリザーブを使ったこれらのカクテルをご紹介していきましょう。

リ・ファッションド

フランスの修道院で多種類のハーブを調合することで生まれたベネディクティン、オレンジの風味豊かなコアントローや、軽い苦味のあるアンゴスチュラビターズで、どっしりとしながらもマイルドな味わいを生み出している。
フランスの修院で多種類のハーブを調合することで生まれたベネディクティン、オレンジ味豊かなコアトローや、軽い苦味のあるアンゴスチュラビターズで、どっしりとしながらもマイルドな味わいを生み出している。

ロンドンバック

酸味で味を損ねないよう、ドライフルーツ(レモン)をのせている。自家製ジンジャーシロップの爽やかな甘みがアクセントに。薬草系リキュール・イエローシャルトリューズの香りがよく、のどごしも軽く、飲みやすい。
味で味を損ねないよう、ドライフルーツレモン)をのせている。自ジンジャーシロップ爽やかな甘みがアクセントに。リキュールイエローシャルトリューズの香りがよく、のどごしも軽く、飲みやすい。

ブールバールブラン

黄色いハーブリキュール・スーズの色あいが見た目をあざやかにしている。リレ ブランの軽い苦味が舌を包み込んでくれる、大人の味わいのカクテル。ツイストしたレモンが香りを爽やかにし、味を引き締めている。
黄色ハーブリキュールスーズの色合いが見たを鮮やかなものに。リレ ブランの軽い苦味が舌を包み込んでくれる、大人の味わいのカクテルツイストしたレモンが香りを爽やかにし、味を引き締めている。

ケンタッキーダービーミントジュレップ(2017年版)

スペアミントの葉と「ウッドフォードリザーブ」に世界最古のリキュールと言われるエルダーフラワーのリキュールや、フレッシュなスペアミント、
イギリス生まれのピムズなどをミックス。ビターズを最後にふりかけ爽やかな風味を演出する。ちなみに、その名の通り、競馬のケンタッキーダービーのオフィシャルドリンクにもなっている。
スペアミントの葉と「ウッドフォードリザーブ」に世界最古のリキュールと言われるエルダーフラワーのリキュールや、フレッシュなスペアミントイギリスまれのピムズなどをミックス。ビターズを最後にふりかけ爽やか味を演出する。ちなみに、その名の通り、競馬ケンタッキーダービーオフシャルリンクにもなっている。

 バーボンというと、ハードボイルド男性ワイルドに飲むイメージが強いですが、カクテルにすることで、途端に口あたりがよりなめらかになり、味わいに“丸み”と“やかさ”がもたらされます。リキュールとの相性もよく、女性にも人気というのもうなずけます。

 フォーマルにもカジュアルにも楽しめる「ウッドフォードリザーブ」なら、お世話になった方への贈り物にも、気の置けない友人たちとのパーティー用のドリンクにもぴったり。この、ぜひ味わっておきたいプレミアムバーボンです。

(取材・文◎松本

DATA

店名:BAR TRIAD

住:東京都渋谷区寿西1-4-1ウチノビル4F
TEL:03-6416-4177
営:19:00~翌2:00
休:日
ウッドフォードリザーブの購入はこちらまで

食楽web