シドニー大学チャールズ・パーキンセンターの研究チームは、糖尿病高血圧などの予測因子となる糖尿病予備軍を正確に判定するために使える3つの分子の同定に成功したと学術誌「Journal of Biological Chemistry」に発表しました。



精度の高い前糖尿病の発見に

この研究はGarvan医学研究所とデューク大学メルボルン大学と共同で行われました。



マウスにより行われた実験から得られたこの知見は、医師によるヒトの前糖尿病糖尿病予備軍)の期発見がはるかに容易になり、将来的にはよりパーソナライズされた効果的な治療が可になるかもしれないとのことです。



複雑な要因の組み合わせで

今回同定された3つの分子それぞれは、単独では前糖尿病の予測に使うには精度が低かったといいます。しかしそれらを組み合わせることで、これまでのアプローチ失敗した病気の高度な予測が可となりました。



このことは、前糖尿病に寄与する複数の要因が存在する可性を示しています。



将来はカスタマイズされた治療が可能

チャールズ・パーキンセンターDavid James教授は、これらの技術をさらに活用して遺伝的・環境的および後発的影を含む前糖尿病に関わる経路や因子を集団レベル明らかにすることが次のステップであるとしています。



糖尿病症候群に寄与する分子やその他の要因を特定できれば、患者個人の体質やニーズに合わせた治療法がカスタマイズできると研究の発展性に期待を寄せています。



外部リンク

シドニー大学のプレスリリース



シドニー大学



前糖尿病を判定できる3つの分子を発見