8090年代日本からグッドデザインを振り返るシリーズ。第20回は「ニュードライバーズ・ベイシック」を掲げ、ライバルより少し格上をしたジャストサイズセダンとワゴンに太鼓判です。

詳細画像はこちら

8年間続いたレオーネの後継構想が、いつの間にか格上げされてレガシィに。空白となった1500〜1600ccクラスに対してSVXなど新生スバルの流れに乗って、ネーミングも新たに登場したのが初代のインプレッサです。

水鳥が飛ぶシルエット「フローイングライン」をコンセプトにしたボディは、セダン、ワゴンともリアにボリューム感を持たせたもの。リア3次元ガラスや、ノッチの付いたワゴンボディが機と個性を表現します。

レガシィ同様、太感をテーマとしたブリスター表現は、剛性感のあるドア断面を作り、面に圧倒的な「厚み」を与えました。同時に、ボディ全体のRを強く取り女性ユーザーも意識しています。

詳細画像はこちら

一方、前後ガラスを1枚に見せるサイドインドウは、伝統のサッシュレスドアを生かす手法。さらに、スポーツゴンでは白鳥の羽のように美しいカーブを描くリアピラーエレガントさを演出します。

インテリア太感がテーマインパネ、シートとも一体成形を多用することで連続感を持たせ、高い機性も感じさせます。

詳細画像はこちら

デザインチームはカタマリ感を重視して、ボディをフォルムでりたいとしました。この姿勢と、ハードトップショートゴンという軽快な要素との融合が、独自の世界観を生み出したようです。

カローラサニーの上、コロナブルーバードより下という絶妙のポジションは、単に販売的なリサーチから生まれたのではなく、造形の本質をおさえたデザインでもあるのです。

要諸元 スバル インプレッサ ハードトップセダン 1.8HX Edition-s(5MT
形式 E-GC6
全長4350mm×全幅1690mm×全高1450mm
車両重量 1160kg
ホイールベース 2520mm
エンジン 1820cc 水平対向4気筒SOHC16バル
115ps/6000rpm 15.7kg-m/4500rpm

(すぎもと たかよし

〈グッドデザイン太鼓判!〉

第19回 スズキ エスクード(初代)
https://clicccar.com/2017/11/28/535267/

第18回・いすゞ ビッグホーン2代目
https://clicccar.com/2017/11/22/533644/

17回・欧州レンカーした存在感日産・パルサー(4代
https://clicccar.com/2017/11/17/532612/

第16回・世界最先端のスタイルを標榜。トヨタ・セリカ(4代
https://clicccar.com/2017/11/13/530872/

第15回・クオリティを磨き込んだ元祖リッターカーダイハツ・シャレード(3代
https://clicccar.com/2017/11/09/529508/

第14回・小さなボディに込められた大人の定番。オートザム・レビュー
https://clicccar.com/2017/10/18/521463/

第13回・すぎた先進のFFグランツーリスモ日産・オースターJX
https://clicccar.com/2017/09/27/515263/

第12回・特別を前面に出さなかった異才スポーツトヨタ・MR2(初代)
https://clicccar.com/2017/09/18/511600/

第11回・前向きな割り切りが生んだミニホンダ・トゥデイ(初代)
https://clicccar.com/2017/09/04/507119/

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】絶妙のポジションを獲得した軽快セダン&ワゴン。第20回 スバル インプレッサ(初代)(http://clicccar.com/2017/12/06/536964/)