12月22日からdTVで配信されるドラマ『不犯』の予告編と新たな場面写真開された。

同作は、宮原作神崎裕也作画による同名漫画をもとにした2月1日開の映画『不犯』と連動した連続ドラマ。依頼を受けて呪いや洗脳といった犯行の実不可能な手段で相手を殺する「不犯」相吹正と、彼を取り調べる刑事多田らの姿を描く。映画版と同様に相吹役に松坂桃李相吹と対峙する刑事多田役に沢尻エリカキャスティング監督は『ライチ☆光クラブ』『先生を流産させる会』などの内藤、監修は映画版の監督白石晃士が務めた。

今回開された予告編では、相吹がる眼でマインコントロールする場面や、多田タイチ(新日本プロレス)演じる男とのアクションシーン永尾まりや演じる元AV女優ベッドシーンに加えて、平岡太演じる教師の姿などが確認できる。

場面写真には、相吹と教師が対峙する場面、元AV女優が婚約相手の後輩過去が知られ脅されるシーン、第2話に出演する永井大が札束を手にしている様子などが写し出されているほか、あわせて開されたメインビジュアルでは、「信じる先に見えるのは『生』『死』か」というキャッチコピーと共に、椅子掛ける相吹、その背後の複数のマネキン多田の姿などが確認できる。

dTVオリジナルドラマ『不能犯』メインビジュアル ©宮月新・神崎裕也/集英社  2018「不能犯」製作委員会 ©2017 dTV