常日頃から日本映画への情を言するアジア巨匠ジョン・ウー監督が、高倉健演で映画化されたことでも知られる原作「君よ憤怒の河を渉れ」の再映画化に挑んだ話題作『マンハント』。その開日が2018年2月9日()に決定した。

【写真を見る】謎に包まれた物語に、期待が高まる!『マンハント』最新写真はこちらから

二丁拳銃スローモーション、飛び立つ世界中のアクション映画ファンを熱狂させたジョン・ウー監督独自の流儀はそのままに、チャン・ハンユー、福山雅治をはじめとする、日中のみならずアジアを股にかけるキャストスクリーンで躍動する。

本作はジョン・ウー監督にとって久々アクション映画となり、昨年大阪を中心にオール日本ロケが敢行された。チャン・ハンユーが実の罪を着せられ逃亡する弁護士ドゥ・チウを、福山が彼を追う刑事、矢村を演じており、先だって行われたベネチア国際映画祭トロン映画祭など、世界映画祭での上映も盛況となった。

今回解禁された場面写真からは、ドゥ・チウと矢村が拳銃を手に取り撃ち構える姿や、逃亡するドゥ・チウの緊迫感溢れる横顔、取り押さえられる矢村の姿など、まさに「追う者、逃げる者、魂の出会い。」というコピーそのままの疾走感に満ちた本編が想起される。

矢村の部下となる里香(桜庭ななみ)、事件のカギを握る天神社長酒井()とその息子(池内博之)など日本人キャストがいかにストーリーを盛り上げるのかも要注だ。圧倒的なアクションと、ミステリアスストーリー日中を股にかけて展開する本作。来年の開が今から待ちきれない!(Movie Walker・Movie Walker)

日中を股にかけた、男たちの運命が交差する!