※前編はこちら http://getnews.jp/archives/1989135

どうも~、フーリガンという言葉を聞くと、すぐに不倫を想像してしまう頭が病気ぎみのキャバクラ大好き!社会ライター・丸野裕行で~す!

自分の夫や彼氏が、外で何をやっているのか…、ひょっとして女性に誘われてホテルで組んずほぐれずしているんじゃないか…そんな男性一方的に疑う女性は多いんです!

そんなときには、がっちりと拠集めして、おちゃんと関係を認めざるを得ないというにして、慰謝料をふんだくる女性が急増中です!! 女性は、幼子を連れて勝手にたくましく生きていく生き物貞操観念の低い浮気夫とは離婚して、順満帆、次の人生すのが女の強さ!

かくいう社会ライター・丸野裕行フリーにかこつけて、まったく自宅に寄りつかないこともよくあります。

「なんなのあの店の女の名刺は! キャバでポイントなんて集めるセコイことしてんじゃね~よ!」なんて、マスオさんを追い詰めるサザエさんばりのセリフを聞いたことが何度あるか!

そこで、愛してやまない最近冷たい妻に捨てられないための浮気がバレない方法を、バツイチでナイトライフ好きの丸野裕行が伝授しましょう!

風俗の会員証には注意!

≪夫の同僚や友人、知人との関係≫
・同会後、急に昔の友達と食事などをはじめた
女性の友人が非常に多い
男女の友情は成立するとなぜか説して疑わない
特定の人(浮気相手)の話、友人、同僚、上、部下の話ばかりを楽しそうにする
・頻繁に旅行などで外泊することが増えた
・同性の友人と旅行に行ったといいながら、その友人との写真を見せようとしない(見せてるのは夫自身と風景写真のみ)
手な男友達がいる浮気ができる環境に行く機会が多い)
・ソープの会員が出てきた
いきなりアウトドアが好きになるなど趣味が変わる
・「特別な関係を持っている」と名乗る女性からの直接の電話がかかってくる
NASA仕事をしているらしい(パツキンブロンドが多い職場だと思う ※想像)
ブロンド色の“のろし”を上げようとする

頻繁にのろしを上げるのはやめよう!

夫婦間の会話・の生活≫
・一緒に行っていない映画イベントの話をする、または詳しい
・意外な趣味覚めはじめる
子供のことを話すと面倒くさがる
子供の行事に参加しなくなった
電話がかかっているのに出ないことがある
・外で電話をしていて、「から?」と問いただすとテンパ
・今までの夫の趣味の話をしても反応がない
家族で外食をしなくなった
・AVなどを観なくなった
の営みしていないのに、自慰行為をした形跡がない
家族と接する時間が減った…逆に会話が妙に増える
・あまりを合わせてくれなくなった
・昔にべて陽気になった
・出会ったころの昔話を嫌がる
・ボディタッチなどのスキンシップをするとやんわり拒否する
風呂の時間が短くなったスマホやバッグを探られることを警
・こちらのスケジュールをやけに確認してくる(何時に帰ってくるのか細かく聞くようになった)
の営みを拒否される
の営みの時間が極端に短くなった
・就寝が遅くなる(深夜まで起きて何かしている)
・疲れているふりが多い
・寝室が別になり、別々に就寝するようになった
子供ペットと寝はじめる
・一緒にベッドに入らない
・先に寝るようになった
・「今日は何をしていたの?」とカマをかけると、テンパ
全裸になるのを嫌がる(キスマークがある
ケンカの後、すぐに「別居しよう」「冷却期間を置こう」と説得してくる
不倫疑惑をぶつけると「のことが信じないのか!」とキレる(結局、うやむやで説明がない)
・『オーバー・ザ・トップ』を108回も観ていて、なんでも腕相撲で決着をつけようとする
・“維新”という元力士風俗系の会社の社長に見えるようになった
・昔は「カルチェ」と言っていたのに「カルティエ」と偉そうに言う
・昔はこだわっていた「ウサマ・ビンラディン」か「オサマ・ビンラディン」かどっちなのという会話すらしなくなってきた
貴乃花親方の髪型が決まらないことにやきもきしなくなった
・「シコをふむ」という言葉に奮しなくなった
・理由もなく、“のろし”を上げようとする

こんなことに気をつけられないあなたは、絶対に浮気をしてはいけません! さんや彼女にバレてますよ、その不倫関係!
ベッドの下に隠しているエロ本と浮気は、必ず発覚します!
これらのことに気をつけて、アッツアツの引きタイムを勝手に楽しんでください!

STOP 下手な浮気

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信
(執筆者: 丸野裕行) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

(C)写真AC

―― 表現する人、つくる人応援メディアガジェット通信(GetNews)』