2018年3月16日開の映画リメンバー・ミー』の日本エンドソングをシシドカフカ feat. 東京スカパラダイスオーケストラが担当することが決定した。

リメンバー・ミー』は、『トイ・ストーリーシリーズと同じく、ディズニーピクサー・アニメーション・スタジオタッグを組んだフルCGアニメーション映画。『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ監督メガホンをとり、“死者の”に迷い込んだミュージシャンを夢見る少年ミゲルと、陽気なガイコツのへクター物語を描く作品だ。11 22 日に全開し、初登場第 1 位のヒットスタートを記録。映画批評サイト“Rotten Tomatoes”では 9612月4日 現在)という高い評価を獲得している。


日本エンドソングを担当するシシドカフカ東京スカパラダイスオーケストラは、今回が初めてのタッグで、かつディズニー/ピクサー音楽初挑戦。メキシコの“死者の日”にインスパイアされた同作で、メキシコまれのシドカフカと、中南でのツアーも精的に行なう東京スカパラダイスオーケストラが起用されている。

また、シシドカフカが歌うエンドソングリメンバー・ミー」は、劇中で主人公ミゲルが憧れる歌手デラクルスが歌い、物語の鍵を握る楽曲。なおかつ、スカパラアレンジを加えるという、しい形での日本エンドソングとなった。ディズニーピクサーの楽曲を手掛けることについて、シシドカフカは、「信じられなかった。人生何が起きるか分からないですね!」と奮気味。スカパラとの初タッグについて「一緒に楽曲アレンジメントできると聞いて、これは絶対に面くなる!と思いました。この作品との出会いも含めて運命的なチームだなと思いました。とにかくくみなさんに聞いていただきたいです」とコメントしている。また、楽曲については、「映画をみてから、あのメロディが頭から離れないんです。心に残るメロディラインというのを自分が歌えるそのわくわく感がすごく大きかったです」と惚れ込んだ様子を見せる。

スカパラ茂木欣一(ドラム)は「ディズニーピクサー作品は『トイ・ストーリー』から大好きで、それからずっと見ていたのでものすごく奮しました!本当に光栄です!」と喜びをり、加藤隆志ギター)はカフカとのタッグについて、「この曲で出会えたのはすごく運命的!南スカパラかかわりもあるし、カフカちゃんの(メキシコ)生まれも」とる。谷中バリトンサックス)は今回のアレンジについて、「スカパラらしさをもって、スカパラならではのアレンジにしようと、いっぱいスカパラの気持ちで演奏させてもらいました。レコーディングもすごく楽しかった!」とレコーディングの様子をっている。

映画リメンバー・ミー』は2018年3月16日開。

作品情報
 
シシド・カフカ feat. 東京スカパラダイスオーケストラ