日本語には、感や意味合いが似ていてまぎらわしいものがある。料理世界では、「ざる蕎麦」と「もり蕎麦」の違いが分かりにくかったり、「教えて!goo」に寄せられていた質問「料理のネタの区別」にあった「つみれ」と「つくね」の違いなども、分かりにくいのではないか。かくいう筆者もその違いがよくわからなかった。そこで、料理研究小山有希さんに、答えを聞いたところ、「ざる蕎麦」と「もり蕎麦」の違いも判明し、かつ「ロースト」と「グリル」、「ソテー」と「ムニエル」の違いも分かったので紹介していこう。

■どちらもは調理法

伺う前に考えてみたところ、つみれはに入れるもの、つくねは焼のようにでさして焼いたものでは!?とひらめいた。もしや、それが正解では……?

「残念ながら、正解ではありません。他にも、のすり身でつくった団子状のものをつみれ、鶏肉豚肉などの挽きでつくったものをつくねと思っている人も多いようですが、それも違います。実はこの二つのを考えればすぐに分かります。つみれは、練った生地をスプーンなどで摘みとり、汁などに入れる『つみいれ(摘み入れ)』が変化した言葉といわれています。一方のつくねは、こねて丸めるという行動をあらわす『つくねる(捏ねる)』に由来しています」(小山さん)

どちらも、調理法をあらわす言葉であった。そう考えると、混同することもなくなりそうだ。

■ざる蕎麦ともり蕎麦ローストとグリル、ソテーとムニエルの違い

蕎麦屋の祖を持つ小山さんに「ざる蕎麦」と「もり蕎麦」の違いも聞いてみた。

「もともとは味も違ったようですが、今では容器に盛ってあるのがもり蕎麦、それに刻み海苔がのっているものをざる蕎麦というのが一般的です」(小山さん)

ほかにも混同しがちなものがあるという。

ローストとグリルも分かりづらいと思います。ローストは『食材をオーブンで蒸し焼き、もしくは製にした、間接的に火を通した料理』です。グリルは『フライパン直火焼きで、直接火を通したなどの料理』です。もう一つ、ソテーとムニエルも紛らわしいですね。ソテーは『野菜等をフライパンで少量の油で軽く炒める料理やその調理法』で、ムニエルは『下味を付けた小麦粉等をまぶしバターで両面焼いた魚料理やその調理法』です」(小山さん)

そういわれてみると、ムニエルは聞いたことがない……。

■「つみれ」と「つくね」の変わり種レシピ

「つみれ」と「つくね」の呼び名の由来を知ったところで、小山さんに変わり種レシピを教えてもらった。

「つみれはエビのすり身に玉ねぎみじん切りなどを混ぜ合わせたタネ(お好みでパクチーを加えてもOK)を、パンの片面に塗って揚げ焼きをしてみてはいかがでしょうか? スイートチリソースを添えれば、タイエビトーストのできあがりです。一方のつくねは、ひき肉玉ねぎみじん切りを混ぜたタネ(またはつくねのタネ)を餃子の皮で包み、ゆでましょう。トマトソースやお好みのパスタソースをかければ、イタリア料理ラビオリのようなアレンジ料理に仕上がります」(小山さん)

アイデア満点のつみれとつくね料理は、食欲をそそりそうだ。

今回は、料理や食事に関する言葉の違いや成り立ちから思わぬ発見があった。食への関心にもつながれば、食育の一環として、取り入れるのもいいかもしれない。

さて、寒い時期はまだまだ続く。今のおかずはアツアツの「つくねラビオリ」にしようかな。

専門プロフィール小山有希
日本料理屋の両親、蕎麦屋の祖和菓子屋の人の祖を持ち、食の大切さを実感。それを伝えるべく、料理研究として活動中。な著書に『おなかすっきり!やせて健康になる豆乳ヨーグルト』(日本文芸社)』などがある。

教えて!goo スタッフOshiete Staff

つみれとつくね、ソテーとムニエル、何が違うの?