企画展『名探偵コナン 科学展~真実への推理(アブダクション)~』が、4月18日から東京お台場日本科学未来館で開催される。

1994年に『週刊少年サンデー』に初掲載されて以来、現在も連載中の青山剛昌漫画名探偵コナン』。単行本の発行部数は世界で2億冊をえ、来年4月13日からは劇場アニメ版の最新作『名探偵コナン ゼロの執行人』が開される。

名探偵コナン 科学展~真実への推理~』は来場者が『名探偵コナン』のキャラクターたちと共に、ある事件の相解明に挑む体験展示。来場者は拠を採取する現場検証エリア「現場を観察せよ!」、鑑定技術を体験する「科学拠をつかめ!」、キャラクターたちから情報を収集する聞き込みエリア「自分の足で拠に迫れ!」の3エリアを巡って事件の捜に挑む。同展では原作にはないオリジナルストーリーが展開される。

『名探偵コナン 科学捜査展~真実への推理(アブダクション)~』ビジュアル ©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS・1996