2016年日本一に貢献、元助っ人バース大谷翔平の移籍先予想

 2016年日本ハム日本シリーズ制覇に貢献したアンソニーバース投手が元チームメイトである大谷翔平投手の移籍先について予想している。地元記者がレポートしている。

 2016年日本ハムに加入した右腕は日本シリーズで救援として3勝を記録するなどチーム日本一に貢献。今季は球界に復帰し、レンジャーズマイナー契約を結んだ。

 大谷とともにプレーしたのはその1シーズンのみだったが、以前パドレスにも所属したことのあるバースに対して、同球団の番記者を務めるデニス・リン氏が大谷の移籍先について取材を実施。自身のツイッターでレポートした。それによるとバースドジャースパドレスマリナーズの3球団を最有とした上で「彼(大谷)は自分の手札を簡単に明かさないからポーカーがすごく上手いだろうね」とったという。これについて同記者は「誤解のないように言うと、バースはオオタニが何を考えているかさっぱり分からないとった」と付け加えている。

 ジャイアンツドジャースレンジャーズエンゼルスマリナーズカブスパドレスの7球団に絞って面談を実施している様子が複数メディアで報じられている二刀流右腕。その去就の行方は大きな注を浴びている。(Full-Count編集部)

2016年の日本ハム日本一に貢献したバース【写真:Getty Images】