五朗と寺脇康文によって結成された演劇ユニット地球ゴージャス”の2年ぶりとなるダイワハウス Special 地球ゴージャスプロデュース演 Vol.15 ZEROTOPIAが、2018年4月9日)から東京TBS赤坂ACTシアターで上演される。12月5日(火)には製作発表が行われ、、寺に加え、柚希礼音西川貴教新田真剣宮澤佐江花澤香菜水田航生植原卓也が登壇した。

本作は、沈没した客船から必然的に生き残った男女に待ち受ける運命を描いた“地球ゴージャス”第15弾演。「生」という普遍的なテーマを題材に、地球ゴージャスならではのエンターテインメントを作り上げる。

会見では、作・演出を務めるが「新作にして長い演になります。12万人の観客を動員を考えています。ぜひ皆様のお幸せな作品にしていただけたらと思っています」と挨拶した。

岸谷五朗

五朗

その後、会見は、が出演者たちを紹介するという展開に。「エンターテイナーという言葉はこの人のためにあると思う。世界的なダンサーと一緒に踊っても引けを取らない踊りのがあり、正確な歌を歌える」とから絶賛された柚希は「褒められすぎてどうしましょう」と照れ笑いしながら、「いつも、地球ゴージャスさんの演は楽しく拝見させていただいていましたが、自分が出られるということで楽しみです。きっと、勇ましく戦う役だろうと想像していましたのですが、その予想の先の方で裏切り、罪を抱えたミステリアスな女を演じます」と自身の役柄について説明した。

続いて「最強歌手で、最強エンターテイナー。ライブを見てオファーしました」とに紹介された西川は「カッパ役でございます。今回は流れついたカッパ役ということで役作りのために、頭頂部の毛を薄くしていこうと思います。全身全霊で、命がけでやりたい」と顔で冗談を言い、会場を沸かせた。西川地球ゴージャスへの参加は本作が初となるが、12月1日)に行われた「Act Against AIDS 2017『THE VARIETY 25』」では、寺と共演を果たしている。は、「(西川ステージは)すごいショーなんです。それで、リハを見て、大サビのところで庭用の扇風機を当てさせていただけないかと頼みました。普通ミュージシャンは断るところですが、彼はかせて『ぜひやってください』と。まさにこれこそ、地球ゴージャスです」と振り返り西川エンターテイナーぶりを賞賛した。

また、が「いろんな魅を持った俳優。この間、二人で飲んだんですが、少し好きになりました。澄んだ瞳に見つめられると吸い込まれる涼しさがあります」と惚れ込んだ新田は「辛い過去を抱えながらに流されてきた役です。恋愛要素のある役だと聞いています」とコメント

今回、地球ゴージャス初のWキャストとなる宮澤は「地球ゴージャスへの出演は、2回。いろいろな意味で初めての時とは違う緊感を持ってお届けしたい」と話し、澤は「舞台経験はほとんどなくて未知の世界です。スタッフ素晴らしい方ばかりなので、楽しくならないわけがないと思っています」と笑顔を見せた。

そして、寺は「日々重苦しい事件がいっぱいありますが、みんながそれを乗り越えていくという希望に満ちたものになれば」と本作への思いをった。

また、水田は「『セブン』以来の出演になります。この6、7年の間に成長した姿を見せて恩返しをしたい」、植原は「さんには何度か演出をしていただきましたが、舞台上で一緒にお芝居をするのは初めて。地球ゴージャスに出演したいという夢がって嬉しいです。一生懸命がんばろうと思います」と意気込んだ。

この日の会見で寺から「台本って存在するんですか?聞いたことないんだけど」と何度も台本がまだ出来上がっていないことを突っ込まれていたは苦笑いを浮かべながらも「地球ゴージャスの1作は、劇場自体を改造して作りました。200人ぐらいの小さな小屋で2かぐらいのロングランでやりました。そんな時に立ち返り、もう一回、ゼロに戻って作品作りをしたいという思いがありました」と本作への熱い想いをった。そして、「いつも演劇ではたくさんの挑戦をしています。それを支えてくださっているのは皆さんです。よろしくお願いします!」とアピールした。

取材・文・撮影=嶋田

■日時・会場
東京演】2018年4月9日)~5月22日(火)TBS赤坂ACTシアター
愛知演】2018年5月29日(火)~6月2日(土)刈谷市総合文化センター
新潟演】2018年6月9日(土)・6月10日(日) 新潟テル
福岡演】2018年6月22日)~6月24日(日)福岡サンパレス
広島演】2018年6月30日(土)~7月1日(日)広島化学HBGホール
大阪演】2018年7月6日)~7月15日(日)フェスティバルホール
作・演出:五朗
(前列左から)岸谷五朗、柚希礼音、西川貴教、寺脇康文 (後列左から)水田航生、宮澤佐江、新田真剣佑、花澤香菜、植原卓也