MBSテレビで放送中のダンスオーデション番組『関西発!才発掘TV マンモスター』から誕生したダンスボーカルグループチームマンモスター』。彼らの初単独ライブ『MAMMOSTAR SUPER LIVE vol.1~出発~』が12月3日(日)大阪・ミナミYES THEATERで行われた。そして番組でMCを務めるお笑い芸人アキナ秋山賢太・山名文和)の2人も登場、彼らの応援に駆け付けた。

【写真を見る】アキナはプロのダンス&ボーカルグループに成長したことを喜んでいた

関西発!才発掘TV マンモスター』は関西に眠るマンモス級のスターマンモスター)を発掘し、世界に活躍する本格的なグループに育て上げるプロジェクト7月から放送をスタート関西に住むすべての人がスカトマンになり、他薦のみで募集して集まった1911エントリーの中から厳しい試練を経て男性6名、女性9名の合計15名のメンバーが選ばれた。厳しい特訓に臨んだ末に今回満を持して初の単独ライブを開催された。

ライブ中、『チームマンモスター』のユニット名が『Re:Complex』と決まり、また3月21日CDの発売も発表された。選抜メンバー6人の『Wake Up the STAR』、男性メンバーでの『EXCEED』、女性メンバーの『VERY GO』、15名全員による『One and Only』が収録予定となっている。今回、これらの曲を含め19曲披露された。

ライブ終了後、メンバー森下帆は「今まで『チームマンモスター』と名乗ってきたから寂しい感じもあるけど」とりながらも新しい名前『Re:Complex』での活動に奮起してみせた。また長沢も「オーディションの時から想像できなかったが、これからライブドームなどの大きいステージにも挑戦してみたい」と意気込みをってくれた。

ライブ終了後アキナ秋山は「ずっと見てきた分不安だったが、1曲始まったら安心に変わり、惹きつけられた」とり「衣装照明なんかの璧な状態でしたときに何の遜色もない、プロダンスボーカルグループになっている」と続けた。山名も「新しい彼らの名前もピッタリでこれから広まってくれたら」と述べた。この日開催される『M-1 グランプリ』について山名は敗退した悔しさをあらわにしたが、秋山は「彼らがデビューライブで頑る、アキナM-1で頑るのが最高やったけど、今日だけはデビューライブを見守ってあげてってことやと思う。結果見守れて幸せ、最高のものを見せてくれたメンバーには感謝している」と振り返った。【関西ウォーカー編集部/ライター桜井太郎】(関西ウォーカー桜井太郎

『関西発!才能発掘TV マンモスター』から誕生したグループによる単独ライブが行われた