走り込みと打ち込みで「首に使いたいと思わせないと」

 6日、ソフトバンク吉村裕基契約を更。2年契約の2年を終え、20ダウンの推定年俸4000万円で新たに単年契約を結んだ。

 今季の吉村は1軍公式戦の出場がわずか8試合、打率.176、2本塁打、2打点に終わった。出場8試合は移籍後最少、横浜時代を含めても2003年ルーキーイヤーの6試合に次いで少ない。「チーム日本一になったが、まったく結果を残せなかった」。球団側からの提示を「しっかり受け止めた」という吉村

「1年1年が勝負という厳しい世界契約を結んでいただいたので、来季は結果で感謝を表したい。強いホークスの中で連続日本一に少しでもになりたい」

 そのために、この時期からしっかりと走り込むこと、バットを振り込むことで来季へとつなげていくという。また、今季の柳田悠岐が「ゴロではなくフライを打つ意識」を持ち続けたことで結果を残したことにも注し、「考え方を変えて、柳田を見習ってきっちり外野に飛ばすことを意識したい」ともる。

「若いヤツの中に割って入って、首に『使いたい』と思わせるようにキャンプからしっかりとアピールしていく」

 この日の契約東浜巨と2人だけとあって「これ以上話しても全部東にもっていかれる」、「(記者の)みなさん、ボールペンの先は出てますか?」と自虐ジョークを出しながら、最後は「来年は結果を出して笑顔で話せるようにがんばります」と前を向いた。(一都 / Kazuto Fujiura

契約更改に臨んだソフトバンク・吉村裕基【写真:藤浦一都】