「インスタグラム」でフォロワー数1位を誇る歌手セレーナ・ゴメスが、自身のインスタグラムアカウントを非開に切り替えたため、その理由をめぐり憶測が飛んだ。現在、セレーナのアカウントは再びステータスになっており、でも見られるようになっている。

【関連】「セレーナ・ゴメス」フォトギャラリー

 セレーナは現地時間5日、インスタグラムアカウントを非開にしたが、原因は音楽誌「Billboard」のセレーナのインタビュー記事だった可性があるという。セレーナは同誌の「2017年ウーマン・オブ・ザ・イヤー」に選出され、表を飾ると共に誌面でインタビューに応じている。

 先週には自身のインスタグラムにも表ビジュアル投稿し、「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」に選出された喜びと感謝っていたセレーナ。E!Newsによると、ストーリーを使い、記事のスクリーンショット赤字で「もう二度と、他の人間に私の言葉を推測させない。自宅に招くことも決してしない。とても中傷的だわ。“バカげてる”という部分だけど、私がどういう心で言ったかなんてにも分からないのよ」と印字したビジュアル投稿したとのことだ。

 「Billboard」誌の記者を自宅に招いてインタビューを受けたセレーナ。記事の抜部分は、キッチンの床に他のインテリアと不釣り合いな5フィート(約152cm)程の大きなテディベアぬいぐるみがあることに触れ、「贈り物だったの。最初は思ったわ。すごくバカげてる。かにさっさとあげてしまいたい、ってね」とのセレーナのコメントを掲載。その後、記事は「しかし25歳のゴメスは手放さないでいる―まだ」と続いている。

 インスタグラムアカウントはこのストーリーでの投稿直後に非開になったそうだ。現在、再び開されているセレーナのインスタグラムには、「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」に関する喜びのコメントと表ビジュアルは残されている。

インスタ女王のセレーナ・ゴメスがアカウントを一時非公開に(C) AFLO