決戦の地UAE到着の写真とともに報道 「浦和が帰ってくる」

 

 浦和レッズは今季のAFCチャンピオンズリーグACL)を制して、クラブワールドカップに参加するが、決戦の地UAEに到着したチームFIFA公式サイトフランス語版が「美しい冒険をもう一度」と特集している。

 

 浦和は9日に、開催国代表アルジャジーラとオセアニア王者オークランド・シティ(ニュージーランド)の勝者と対戦する。記事では、現地時間5日に到着した浦和を「アジア王者が試合の4日前に到着した」と、バスから降りるチームの面々を撮影した写真とともにレポートした。

 

 浦和は2007年にもACLを優勝して、クラブW杯に出場。初戦でセパハン(イラン)を破ったが、準決勝でACミランイタリア)に敗戦。3位決定戦でエトワール・サヘル(チュニジア)に勝利して3位に輝いた。記事では、浦和の主将であるMF阿部勇樹をピックアップして、「浦和が帰ってくる」と特集した。

 

「10年前に3位に輝いたチームで、残っているのはキャプテンの阿部勇樹しかいない(平川忠亮は帯同も登録外)。彼はチームメイトにその経験を伝え、助けようとするだろう。そして、その希望は美しい冒険をもう一度することだ」

 

 

「去年の記憶は大きなモチベーションに…」

 

 浦和は初戦を突破すれば欧州王者レアル・マドリードスペイン)と対戦する。昨年はJリーグ王者として開催国枠で出場した鹿島アントラーズが、決勝で延長戦の末に2-4で敗れた相手だけに「赤き軍団にとって、去年の記憶は大きなモチベーションになっているはずだ」と、対戦の機会が訪れる可能性も伝えた。

 

 浦和はACL決勝でアル・ヒラル(サウジアラビア)と対戦した際に、UAEで直前キャンプを張るなど中東遠征のノウハウをチームとして持っている。最高のコンディションで9日の準々決勝を突破し、レアルへ挑戦状を叩きつけたいところだ。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

 

フットボールゾーンウェブ