●地に足の着いたキャラクターたちのサバイバル
 2012年7月12日~15日(現地時間)、アメリカサンディエゴにて開催されているエンターテインメントイベントComic‐Con International”(通称“コミコン”)。開催2日目となる7月13日、『アンチャーテッドシリーズを手掛けていることで知られる、ノーティドッグの新作プレイステーション3ソフトThe Last of Us』のセッションが行われ、クリエイティブディレクターのニール・ドラックマン氏、ゲームディレクターブルース・ストラリー氏らが登壇した。

 『The Last of Us』は、テレビドキュメンタリー番組で、ジャングルに住む昆虫たちの生態を見たときに、「これが人間の間で起きたら……」と考えたことからスタートした企画だという。そのほか、映画「No Country for Old Men」などにも影響を受け、この緊張感をゲームにできるのでは、と考えたそうだ。

【画像4点】「新動画も披露されたノーティドッグの期待作『The Last of Us』セッションリポート【Comic‐Con International 2012】」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 ゲームの内容は、瞬間瞬間で状況が変化するサバイバルアクションプレイヤーは、普通ではない、どうしようもない崖っぷちの状況に追い込まれてしまう。ほかのサバイバーたちとの関わりもおもしろく、人々はお互いにサポートして生き延びている。バイオレンス表現は地に足がついたものにしており、非道な行動を描くときは、そうしなければならないほどの背景も描いているとのこと。

 ここで、初公開となる『The Last of Us』の動画が公開された。内容は、主人公ジョエルとパートナーエリーが新キャラクターのビルと出会うというもの。ビルはいきなりエリーに手錠をかけ、ジョエルに銃を向けるが、手錠ごと鉄パイプを引っ張ってもぎとったエリーの攻撃によってふたりは危機を脱する。

 しかしここでビルとの戦いになるわけではない。ジョエルはビルに「クルマが必要だ」と訴える。ビルは、パーツがあれば修理して使えるクルマがあると言うが……。

 ジョエル、エリー、ビルらの感情が伝わってくるようなこの映像。なんと、それぞれのキャラクターキャストは、声だけではなく身体でも演技している(パフォーマンスキャプチャー)そうだ。エリー役のキャストは、「痣を作らないセッションはなかった」と語るほど。

 続いて、ゲームのデモプレイも披露された。本作では、ジョエルの行動の多くがプレイヤーに委ねられており、たとえば途中で出会ったほかの生存者たちを攻撃するかどうかも、プレイヤーが決めることができる。

 また、パートナーエリー14歳だが、がけっぷちの状況でもしっかりと立つ強さを持っている。彼女のAIには新しい工夫がなされており、「プレイヤーを驚かせてくれるだろう」とのことだ。

 今回公開されたのは、ジョエルとエリーの旅のほんの一部分。さらなる続報に期待したい。

[Comic‐Con International 2012の関連記事]
※北米最大級のエンターテインメントイベントコミコン”の前夜祭をリポート!
任天堂 GAMING LOUNGEで、画面が大きくて見やすいニンテンドー3DS LLに一目惚れ!
※『ストリートファイターシリーズ25周年を記念して、小野Pも原田Pもみんなで昇龍拳
Epic Gamesの新作『Fortnite』はアンリアルエンジン4を採用したPC用新作!
※『アサシン クリードIII』デモプレイファンが歓喜! 新主人公コナーアクションに注目
※ Forward Unto Dawnトレーラーが初公開!
※『バイオハザード6』の最新デモなどが遊べたMidnight Xbox 2012 Media Showcaseリポート!
NBGI原田氏が新情報公開! 『鉄拳タッグトーナメント2』では全キャラクターに水着コスチュームを用意!!
ジャッジメント』は北米で2013年3月19日に発売!
※『バイオハザード6』初公開ステージのデモプレイがお披露目! レオンクリスの勇姿を見よ
※前作からパワーアップした映像作品『バイオハザード ダムネーション』の冒頭6分が公開
※『Halo 4ヘイロー 4)』キーマンにインタビュー! ウワサの『Halo 4』仕様のXbox 360本体も