メディアの調査・分析を行うニホンモニターは12月7日2017年1月〜11月テレビ番組出演者データを基にした「2017タレント番組出演本数ランキング」を発表した。その結果2017年の番組出演本数ランキングの1位には、TOKIO国分太一が輝いている。

国分は2014年以降トップの座を守り続け、今回、遂に4連覇を達成した。

また、2016年ブレイクタレントの座を獲得したメイプル超合金・カズレーザーの勢いが止まらず、今回総合で11位、男性部門では有吉弘行と同数だが、見事ベスト10入り。司会もひな壇もこなせるカズレーザーは、ブレイクの勢いそのままに、すっかりバラエティ番組の人気者に定着した感がある。

女性部門ではハリセンボン近藤春菜2016年に引き続き1位を獲得。また、2016年は7位だったホラン千秋が2017年は3位と大幅にランクアップ。帯番組であるニュース番組「Nスタ」(TBS系)の司会に抜擢されたため、大きく順位を上げる結果となった。

そのほか、藤田ニコルが初の5位、横澤夏子が8位にランクインするなど、上位陣の顔ぶれに変動が見られた。


2017テレビ番組出演本数ランキング(総合)

1位 国分太一TOKIO) 671番組
2位 設楽統バナナマン) 644番組
3位 近藤春菜ハリセンボン) 498番組
4位 羽鳥慎一 471番組
5位 坂上忍 457番組
6位 上田晋也くりぃむしちゅー) 438番
7位 澤部佑(ハライチ) 429番組
8位 大久保佳代子(オアシズ) 423番組
9位 春日俊彰オードリー) 412番組
10位 小峠英二(バイきんぐ) 411番組
11位 有吉弘行 403番組
11位 カズレーザーメイプル超合金403番組
13位 日村勇紀バナナマン401番組
14位 加藤浩次(極楽とんぼ)396番組
15位 若林正恭オードリー)392番組
16位 博多大吉博多華丸・大吉)389番組
17位 林修 387番組
18位 カンニング竹山 383番組
19位 ビビる大木 380番組
20位 ホラン千秋 376番組


2017テレビ番組出演本数ランキング(男性)

1位 国分太一TOKIO)671番組(グループでの出演:79番組)
2位 設楽統バナナマン)644番組(グループでの出演:363番組)
3位 羽鳥慎一 471番組
4位 坂上忍 457番組
5位 上田晋也くりぃむしちゅー)438番組(グループでの出演:201番組)
6位 澤部佑(ハライチ)429番組(グループでの出演:50番組)
7位 春日俊彰オードリー)412番組(グループでの出演:262番組)
8位 小峠英二(バイきんぐ)411番組(グループでの出演:65番組)
9位 有吉弘行 403番組
9位 カズレーザーメイプル超合金403番組(グループでの出演:133番組)


2017テレビ番組出演本数ランキング(女性)

1位 近藤春菜ハリセンボン)498番組(グループでの出演:240番組)
2位 大久保佳代子(オアシズ)423番組(グループでの出演:43番組)
3位 ホラン千秋 376番組
4位 新井恵理那 360番組
5位 藤田ニコル 324番組
6位 指原莉乃HKT48)319番組(グループでの出演:33番組)
7位 夏目三久 317番組
8位 横澤夏子 314番組
9位 マツコ・デラックス 298番組
10位 小島瑠璃子 291番組