JR武蔵小杉駅で、臨時札新設や南武線ホーム拡幅工事に着手。混雑緩和を図ります。

新南改札付近に入場専用改札

JR東日本横浜支社は2017年12月6日)、武蔵小杉駅川崎市中原区)の混雑緩和を図るため、臨時札の設置と南武線ホームの拡幅工事に着手したと発表しました。

同支社によると、平日には、新南札付近でに入るための行列ができている状態といいます。この対策として、現在札の向かい側に入場専用の自動札機(ICカードのみ対応)2基を設置。平日7時~9時に運用します。札の先には横須賀線ホームにつながる上りエスカレーター1基を新設します。

南武線下りホーム(2番線)では、北札から横須賀線ホームに向かう利用者により混雑が生じていることから、約50mにわたり、ホームの幅を1mほど拡幅して約6mにします。

これらの工事は2018年完成する予定です。

武蔵小杉駅は周辺のタワーマンション建設や、JR横須賀線ホーム新設(2010年)などで利用者が増加。JRの1日均乗人員は、2006(平成18)年度の7万2846人から、2016年度は12万8079人に増加しています。

JR東日本横浜支社は「混雑緩和対策については、引き続き、お客さまの安全を第一に、関係自治体のご協を賜りながら実施可なものから取り組んでまいります」としています。

【写真】新南改札付近と南武線下りホームの混雑状況

新南改札付近への臨時改札新設のイメージ(画像:JR東日本横浜支社)。