冷たいご飯を食べる習慣がない香港で、農社が展開しているおむすび店「御結 hana-musubi」がブームになっています。

 自民党参議院議員の山本一太議員と齋藤健産大臣が『山本一太の直滑降ストリーム』の中で、タブーに果敢に挑戦した二人の日本人の若者と、これからの農業未来りました。

-関連記事-
「どうして地方は元気がなくなっちゃったの?」前地方創生担当大臣・石破茂氏に聞いてみた

人気記事-
「韓国では日本嫌いな人より、中国嫌いな人の方が多くなった」日・中・韓・北による東アジア問題を考える

すべての写真付きでニュースを読む

タブーに挑戦した二人の若者

山本
 これから人口が減っていく中で、農業をどうやって振していくのかということで、香港で二人の日本人が頑っているという話を詳しくお聞きしたいです。

齋藤
 人口が減っていくのは確実で、内のマーケットは小さくなる一方、海外では人口は増えています。だから輸出など海外のマーケットを取りに行くという、攻める農業にしていきたいです。一番気をつけなきゃいけないのは、人口は減っていくので、同じことをやり続けたらジリ貧になります。つまり、同じことを続けることが最大のリスクになっています。

 今の農業に必要なのは、挑戦する若い人たちがいっぱい出てくれることが大事だなと思っています。

山本
 挑戦しているすごい例があるんですよね。

齋藤
 会社の名前が農社というおにぎり屋さんです。100年先の農業に貢献したいという意味が込められているそうです。社長の名前が西田さんと山田さん。西田さんは32歳です。

 そして今、香港ではおにぎりブームなんですよ。

山本
 温かいおにぎり

齋藤
 冷たいやつです。日本のと同じで三でのりを巻くやつです。それをファーストフード店で出してるんです。これがブレイクしています。実は中国の人は冷えたご飯っていうのは食べなかったんですよ。

山本
 そうですよね。

齋藤
 冷えたご飯というのはタブーだったのですが、そのタブーに二人の日本人が挑戦をして、ブレイクして今は23店舗あるんです。1個25香港ドルで日本円にすると400円くらいなのですが、それが飛ぶように売れていて、行列スタバとタメをってるんです。

山本
 売っているのはおにぎりだけ?

齋藤
 おにぎりだけなのですが、中の具はできるだけ日本のものを使うんですよ。

こういう若者が出てくると日本農業はやっていける

齋藤
 2020年には200店舗にしようということで、工場の建設が始まっています。日本から玄米で輸入をして、現地で精しておにぎり工場でおにぎりを作るというのを、たった二人の日本人がやっています。

 そして180人の現地の香港人を使って雇用しています。2020年200店舗になると、日本からお米4000~4500トンを使ってくれるということなんです。今、日本お米の輸出は1年で1万トンしかしていないんです。それをたった二人の日本人が、日本お米4000~4500トン香港で消費してくれるんです。

 32歳の若者が、「冷たいおにぎりなんて中国の人にはウケない」といわれていたタブーに挑戦して、200店舗にして日本からのお米4000トン輸出するって、すごいことだと思いませんか。

山本
 素晴らしい

齋藤
 私も感動して、こういう若者がどんどん出てくれば、日本農業はやっていけるなと思いました。今まではチャレンジしてなかったんですよ。でもそれをどんどんやろうじゃないかと。

 そうすれば日本お米を作っている人も、西田さんの会社にお米を売れれば、もう少し作り続けようかなと思う。だからすごく大きなことをやってくれていると思います。

山本
 日本食ってクールジャパンコンテンツとして世界で圧倒的にブームなんです。アジアも欧も全部そうです。おにぎり日本ソウルフードじゃないですか。だから日本おにぎり香港中国の人が食べると、クールジャパンとしての効果はありますよね。

関連サイト
・【ザ・新興宗教セックス教団リトル・ペブル同宿会』潜入レポート。教団責任者が唱える″償いのセックス"に密着
http://originalnews.nico/60711
パワハラセクハラ、賃未払い...、『水戸ご当地アイドル(仮)』うめさん脱退騒動に吉田豪ロマン優光らが言及「悪夢のような人質商売」
http://originalnews.nico/63746
・[ニコニコ生放送]山本一太の直滑降ストリームCafesta ゲスト齋藤健産大臣 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv308738949?po=news&ref=news