初日で131万枚以上の予約 コロンビア、ポーランドが上位10カ国入り

 

 FIFAは来年6月に開催されるロシアワールドカップ(W杯)の入場券販売の受付を5日からスタート。わずか24時間で1318109枚もの大量予約があったことを公式サイトで発表した。同時に、ハリルジャパンにとってはグループリーグで“アウェーの洗礼”を受ける可能性が浮上している。

 

 大会で最も高いチケットは、決勝戦のカテゴリー1で6万6000ルーブル(約12万5000円)。逆に、最も安価なのはグループリーグにおけるカテゴリー4の1280ルーブル(約2400円)となっている。

 

 現在、チケットはFIFA公式サイトで独占販売。記事によれば購入者の内訳はホスト国のロシアが34%を記録し、アルゼンチン、ペルー、メキシコアメリカコロンビアブラジルモロッコエジプト、中国、ポーランドが初日の国別予約数トップ10だったと発表されている。アメリカと中国は代表チームがW杯出場権を逃しているが、サッカー人気の高さを証明する結果となった。

 

「組み合せ抽選会による興奮がスパークし、世界中の興味の第二波をもたらした」

 

 記事ではこのように分析しているが、初日の売り上げトップ10には奇しくも日本代表と同じグループHで6月19日の初戦で激突するコロンビアポーランドランクイン。すでにライバル国のサポーターたちはチケットを押さえ始めており、ハリルジャパンロシアで“アウェーの洗礼”を受けることになるかもしれない。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

フットボールゾーンウェブ