八坂神社の南楼門前に位置する「二軒屋」(京都市東山区)は、室町時代より門前屋として多くの参拝者に親しまれて来た歴史ある店。

【画像を見る】昔ながらの風情とモダンなインテリアが見事に調和/二軒茶屋

屋」の名で屋を営んでいた創業当時、店の向かいにはもう一軒の屋が存在し、いつのころからか「二軒屋」の称で呼ばれるようになった(「京都 珠玉のおやつ」より再構成)。

■ 老舗屋が始めた王道抹茶パフェ

料理を中心とした屋として営業を続けていた「二軒屋」が、和風甘味カフェを始めたのは14年のこと。料亭の器を置く蔵として使われていた建物をリノベートし、スペースを拡大。歴史を感じるレトロな雰囲気の中で、抹茶プリンや生入りのおしる粉など、京都らしい和スイーツを楽しむことができると好評を集めている。

なかでも人気なのが、今時のスイーツの代表格とも言える「抹茶パフェ」(1250円・番茶付き)。屋としての歴史は長くても、カフェとしては後発組となるこの店がしたパフェスタイルは「オーソドックスで飽きが来ない味」。末永愛してもらうため、奇をてらわず、本物の素材にこだわった王道抹茶パフェだ。

ウル部分にボリュームがある大口タイプの器に、抹茶ソフト抹茶アイス抹茶ケーキなどの抹茶スイーツが幾重にも盛り付けられ、デコレートのシメには「」の家紋が描かれた抹茶煎餅が飾られている。

あんこ北海道十勝産の上質な小豆を厳選。粒も大きく色つやも抜群で、跡を引かない、まろやかな甘さに炊き上げられている。

抹茶を引き立てるミツが素晴らしい

そして最大のポイントパフェに添えられた自製のミツ。サトウキビの産地・沖縄のなかでも、特に品質が高いと言われる波照間糖を使用し、ザラメなどで味を調えられた糖は、口の中ですっと溶け込む程よい甘さと、糖らしい柔らかい苦味とのバランスが絶妙。この芳醇なミツの存在が、ほろ苦い抹茶スイーツの味を、さらに上質なものへと引き上げてくれる。

店内は重厚な梁(はり)や土など昔ながらの情とモダンインテリアが見事に調和。八坂神社鳥居内にあり、参拝に訪れる人でにぎわいを見せている。【関西Walker「京都 珠玉のおやつ」編集部】(関西ウォーカー

抹茶パフェ/二軒茶屋