レディー・ガガ(31)が新作のワインを発表するようだ。ガガの代理人がガガの亡き叔母の名前にちなんだジョアン・トラットリア・ヴィーノ・ブランコジョアン・トラットリア・ヴィーノ・ロッサという白と赤のワイン名を登録申請したという。

 ザ・ブラストによれば、この2つの名前の使用目的は「ワイン、既成ワインカクテルワインクーラー、ワインパンチ、既成アルコールカクテル」とされているようだ。ガガの叔母ジョアンは最新アルバムタイトルにもなっているほか、父ジョージャーマノッタがニューヨーク市内に持つイタリアンレストランジョアン・トラットリアと名付けられている。

 今年の2月にガガはグリージョ・ガールズという名でワインワインクーラー、ワインカクテルワインパンチの商標登録を申請していた。この名前は2016年アルバムジョアン』に収録されたボーナストラックタイトルにもなっており、がんの闘病生活の末今年の5月にこの世を去った元アシスタントで友人のソーニャ・ダーハムさんとワインを飲んでいた思い出がテーマとなっていた。

 ソーニャさんの死後、ガガはインスタグラムに追悼のメッセージを投稿していた。

私の世界で最高の親友が、がんとの闘病生活の中で測り知れない勇気と強さ、前向きさを見せている姿を目にしたことは私の人生を本当に変えてくれた。ソーニャ、あなたの喜びで私たちを毎日刺激してくれてありがとう。あなたのことをとても愛しているから私たちがバックステージで必死に走り回りながらショーを敢行してお互いのことを気遣った日々を想うだけで涙がこぼれるわ。あなたのことをとても誇りに思ってる」

レディー・ガガ、新作ワインを発表