お笑いコンビキングコング西野37)が自身のInstagramに、2231万円の領収写真投稿した。西野といえば、過去の嫌われキャラは影を潜め、『えんとつ町のプペル』を筆頭にすべての著書がベストセラーになっているなど、クリエーターとしてのセンスを発揮し続けている。

 そんな西野が、2231万円の大10月に発売した自身の著書を大量購入したようである。「初版発行部数を上げる交渉をする為に、自分で予約をとって、予約がとれた分を出版社から自分で買い取った時の領収書が届きました」と伝えている。1冊の定価が1500円なので、単純計算すれば1万5000冊弱に相当する額だ。

 そんな仰行動にフォロワーからは、「どんどん規模が大きくなってますね!スターはやる事が違うっ!」「かっこよすぎる。男。これぞ男」「確実に収入あるにしても…額ハンパない!!」「さすが西野さん‼がんばってくださいまし」といった応援コメントや絶賛コメントで溢れかえっている。

 世間を敵にまわす批判的な発言で物議をかもすこともあったが、世間一般の価値観に捉われずにひたすらに自分を貫く西野に、最近はアンチ大人しい。西野を姿勢をファンも熱く見守っているようだ。

文・内村次郎

インスタグラム:西野亮廣(@otogimachi)より