世界有数の経済誌「フォーブス」が2017年ユーチューバー トップ10を発表した。その中に、なんと6歳の男の子が入っている。

おもちゃレビューで12億円

名前はRyan君。「Ryan Toys Review」というおもちゃレビュー動画チャンネルで、今年得た収入が1,100万ドル(約12億円)というから驚きだ。フォーブス誌のランキングで8位に入っている。

同誌が調査した2016年6月1日から2017年6月1日までの期間に、Ryan君のYouTube動画は計80億回視聴されている。彼の名はすでに世界中に知れ渡っており、影響された同年代の多くの子どもたちが、同様のおもちゃレビュー動画チャンネルを始めているそうだ。

2015年にスタート

Ryan Toys Review」は2015年3月に始まった。最初の動画投稿は、Ryan君がレゴの鉄道セットを開封する様子を両親が撮影した何気ないものだったそうだ。

Ryan君がおもちゃレビューを始めたきっかけについて、母親はこう言っている。

その頃は、すでに子供がおもちゃレビューする動画チャンネルがありました。Ryan機関車トーマスが好きで、トーマスおもちゃレビューをよく見ていたんです。そしてある日、こう言ったんです。「ほかの子がYouTubeに出ているのに、僕が出ちゃだめなの?」と。

それを聞いて、私たちは決めました。Ryanをストアに連れて行って、レビューのためのおもちゃを買ったんです。彼が選んだのはレゴの鉄道セットでした。

Ryan君の一家は米国在住だが、フルネームを明かしていない。

Ryan ToysReview/YouTube

Ryan ToysReview/YouTube

撮影と運営は母親が担当

母親は地元の高校の化学教師だったが、現在は「Ryan Toys Review」の運営が専業になっている。撮影も母親が行なっている。

 

今のところRyan君はおもちゃレビューを楽しんでいるが、楽しくなくなったらいつでもやめる気でいるそうだ。海外メディアに今後のことを尋ねられた母親は、こんなふうに答えている。

今のところ、Ryanは動画づくりを気に入っています。「撮影するわよ」と声をかけると彼はエキサイトしています。彼が好きでやっているうちは、日々の生活を乱さない限り、今のまま続けていくつもりです。

でも、彼にとっておもちゃレビューが楽しくなくなる時が来たら、それがやめる時でしょう。

6歳男児がおもちゃレビューの動画で12億円を稼ぐ