関東や関西の大学ラグビーリーグ戦の結果が確定し、大学ラグビー日本一を決める『第54回全国大学ラグビーフットボール選手権大会』の3回戦以降の組み合わせが決まった。

『第54回全国大学ラグビーフットボール選手権大会』には、関東大学対抗戦Aグループ優勝の帝京大学、2位の明治大学、3位の慶応義塾大学、4位の早稲田大学のほか、関東大学リーグ戦1部で優勝した大東文化大学など14校が出場する。すでに2回戦までは終了しており、東北・北海道代表、東海・北陸・中国・四国代表、九州学生リーグ1部優勝校による戦いを、朝日大学(東海・北陸・中国・四国代表)が制している。

3回戦12月16日(土)から秩父宮ラグビー場とキンチョウスタジアムで開催される。2009年から8連覇中の帝京大学シード明治大学12月23日(土)の準々決勝から登場。帝京大学は朝日大学と流通経済大学の勝者と、明治大学京都産業大学法政大学の勝者と対戦する。

準決勝は2018年1月2日(火)、決勝は1月7日(日)に秩父宮ラグビー場で行われる。

『第54回全国大学ラグビーフットボール選手権大会

 日時:3回戦 12月16日(土)、準々決勝 12月23日(土)、準決勝 1月2日(火)、決勝 1月7日(日)
 会場:秩父宮ラグビー場(東京都)、キンチョウスタジアム(大阪)

 
帝京大学の9連覇がかかる「第54回全国大学ラグビーフットボール選手権大会」の組み合わせ表