任天堂Nintendo Switchソフトスプラトゥーン2』において、2017年12月15日11:00に新しいステージハコフグ倉庫”と新しいブキ“バケットスロッシャーデコ”が追加される。また、アメリカ12月15日21:0012月16日21:00(※現地時間)に開催されるフェスのイラストも公開された。

 “ハコフグ倉庫”は、前作にも登場した運送会社が管理する倉庫を舞台にしたステージ。基本構造は前作から変わっていないが、サイングラフィティなどに変化があるようだ。さんぽしながら、ぜひチェックしてみよう。


「『スプラトゥーン2』新ステージ“ハコフグ倉庫”と新ブキ“バケットスロッシャーデコ”が12月15日午前11時より追加――アメリカで開催されるフェスの新しいイラストも公開」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 新しいブキ“バケットスロッシャーデコ”は、“バケットスロッシャー”にステッカーで装飾が施されたブキ。サブの“スプリンクラー”でナワバリを確保しつつ、スペシャルの“イカスフィア”で相手をひきつけよう。


 アメリカ12月15日21:0012月16日21:00(※現地時間)に開催されるフェスのテーマは、“ホリデーギフトにプレゼントされてもうれしくないのは、セーターとくつしたのどっち?”という少し変わった内容。なぜ、このようなテーマになっているのかというと、海外では、“アグリークリスマス・セーター”と呼ばれる、クリスマスツリーやリース雪だるまトナカイなどを編み込んだ着るのが恥ずかしい悪趣味なセーターをジョークグッズとしてプレゼントする風習があることから。イラストをよく見てみると、ヒメとイイダが微妙な表情をしているわかるはずだ。しかし、近年ではその悪趣味を逆に楽しもうと、参加者が全員が“アグリークリスマス・セーター”を着て集まるパーティーコンテストが開催されるなど、ホリデーシーズンの注目のイベントのひとつとなっているようだ。