現地メディアも本格的に移籍の可能性を報道し始めたDF内田篤人について、ウニオン・ベルリンアンドレ・ホーフシュナイダー監督が言及した。ドイツ誌『kicker』が14日に報じている。

 すでに『ビルト』紙などドイツメディアは、ウニオン・ベルリンがアウクスブルクのオーストリア人DFゲオルク・タイグルの獲得に照準を絞っていると報道。退団が噂されている内田のバックアップという見解を示していた。

 内田は日本代表復帰に向けて実戦経験を積むために2部移籍を決断したが、ケガも重なり、本領を発揮できていない状況にある。この状況を受けてホーフシュナイダー監督も理解を示しているようだ。「どうすればお互いにとって良い解決策を見つけられるか、考えないといけない」。

『kicker』誌によれば、この冬の移籍もあり得るという。とはいえ、タイグルは同じく2部のライバルであるブラウンシュヴァイクも狙っており、この移籍が決まるのかも不透明だ。微妙な立場に置かれている内田だが、彼自身がどのように決断するのか、今後の動向にも注目が集まる。

ウニオン・ベルリンに所属する内田篤人 [写真]=Bongarts/Getty Images