紅茶文化とともに、紅茶に合ったお菓子文化が発展したイギリスには、おいしい焼き菓子がたくさんあります。

そのひとつが「世界一おいしいクッキー」とも称されるクッキー専門店「Ben’s Cookies(ベンズクッキー)」の珠玉のクッキーたち。

ベンズクッキーは、「チョコレートブック」をはじめとする多くの料理本の著者であり、大のチョコレート好きでもあるヘルガ・ルビンスチンの手によって、1983年に生まれました。翌年の1984年、オクスフォードに記念すべき一号店をオープン

いまとなってはイギリス各地のほか、アメリカUAE、韓国など世界7ヵ国に展開する大人気店へと成長しました。2016年末には、東京・自由が丘に待望の日本一号店が開店。さらに銀座や横浜にも出店し、日本でもじわじわその名が知られるようになってきています。

ベンズクッキーの人気の秘密は、最高品質のベルギー産のチョコレートチャンクが生み出す贅沢な味わい。平飼い鶏から生まれた新鮮な卵を使うなど、材料の一つひとつにこだわり、保存料や着色料を使用しない自然の風味を大切にしています。

良質な原料を使って、一枚一枚丁寧に焼き上げられるクッキーは、従来のクッキーの概念を覆すと評判。もはや世界的な人気ブランドとなったベンズクッキー発祥の地、オクスフォードにある一号店に行ってみました。

ベンズクッキーの一号店は、オクスフォード名物の屋根付きマーケット「カバード・マーケット」の一画にあります。赤と白のレトロな配色が、ベンズクッキートレードマークです。

なかにはイートインスペースを設けた広めの店舗もありますが、オクスフォードの店舗は屋台のようなごくごく小さなお店。一見すると、これが世界的に有名なクッキー店だなんて思えないほどです。世界的ブランドに成長しても、マーケット内の庶民的な店舗で営業を続ける姿勢に親しみがもてますね。

このお店で買えるクッキーは12種類。ベンズクッキーの売りは贅沢なチョコレートチャンクということで、ほとんどのクッキーチョコレートが入っています。お値段は1キロ18ポンドで、1枚なら1.55~1.8ポンドです。

どれにしようか迷うところですが、ダークチョコレートチャンクを購入。一見しただけでもチョコレートがふんだんに使われていることがわかります

一口食べてみると、ソフトクッキーでありながら、外側はカリッとしています。このフワッ、カリッの両立はなかなかありません。

チョコチップクッキーは日本でもよくみかけますが、ベンズクッキーではチョコレートチップではなく、より大きなチョコレートチャンク(塊)を使用。まだ温かさの残るクッキーに、チョコレートがたっぷりととろけ、なんとも贅沢な味わいです。

クッキーでありながら、ちょっとしたケーキを食べているかのような満足感。これは人気が出るのもうなずけます。

「たかがクッキー」なんて侮れないオクスフォード発のベンズクッキーロンドンにも8店舗を展開しているので、本場イギリスで食べるもよし、日本で食べてみるのもよし。一度食べるとクッキーの概念が変わるかもしれません。

名前 「Ben’s Cookies(ベンズクッキー)」
公式HP http://www.benscookies.jp/日本語

日本の店舗
名前 「Ben’s Cookies(ベンズクッキー)」 自由が丘店
住所 東京都目黒区自由が丘1-9-8
営業時間 11:00 〜 19:00
休業日 なし

日本でも味わえる!世界一おいしいイギリス発の贅沢なクッキー専門店「ベンズクッキー」